公民館講座の主役はあなた

 5月17日、南総公民館主催事業『楽しく仲間作り』(全4回)がスタートした。担当者が「何も決まっていません」と話す講座とは何か。第1回を取材した。進行は定年退職後、積極的にボランティアや公民館活動に参加し、地域に溶け込んできた高本司さん。同様に活躍する金澤祐一さん、滝沢詮さんらも加えて講座は進んだ。
 初回は「参加者による参加者のための講座」と趣旨を説明したあと、お茶菓子を囲みながら、参加者23名の自己紹介を行っただけ。ところがグループに分かれ、初対面同志で参加動機や人生経験などを語りはじめると、読み聞かせ、マラソン、脳トレ、カラオケほか、時事問題からプライベートまで話は尽きない。
 「友だちを作りたい」と参加した女性は詩吟が、82歳の女性は太巻き寿司が得意。ほかにも「元高校教師」、「バイクで日本一周した」など多様な人材がいて、お互いを知るには時間が足りない様子。「講義を聞くより楽しい」と生き生きと話す参加者たちは何かやりたいというパワーであふれていた。
 今後はバス旅行もあるが、内容は話し合い次第。講座の最終目標は参加者による地域活性化だ。これからの展開によっては地域の大きな原動力になりそう。次回は7月26日10~11時30分。要事前申し込み。

問合せ 南総公民館
TEL 0436・92・0039

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る