初夏を彩る紅花
山里 吾郎

 アヤメ、アジサイ、花菖蒲…。梅雨の時期を彩る花は意外に多い。さしずめ「雨に咲く花」か。そんな中に加えて欲しい季節花をもうひとつ見つけた。ベニバナ(紅花)。こちらは梅雨というよりも「初夏の花」と言った方がぴったりかもしれない▼白いつぼみから黄色の花が顔を出し、やがてオレンジから赤みを加え紅色に。満開になるといかにも菊科の花らしい可憐なたたずまいを見せる。原産はエジプト地中海沿岸、シルクロードを経て渡来したというからいかにもロマン漂う花だ▼紅花と言えば山形県の特産として知られるが、どうやら日本のルーツは房総の中央に位置する長南町で間違いなさそうだ。そんな解明も含め6月上旬、市原と国道409号でつながる同町の長福寿寺を訪ねた▼縁起によれば798年、桓武天皇の勅願により創建された天台宗の古刹で「学問の守護神」として知られる。文献などを重ね合わせると学問との結びつきだろう、菅原道真の子孫が同地に住み着き長南次郎と名乗った。その一族が紅花を栽培、特産品として時の朝廷に納めたのが「長南紅花」の由来という▼室町に入り武田一族に占領され散り散りとなった長南氏の一部が山形に移り住む。もともと染料をはじめ餅などの着色、化粧用の紅などに珍重された紅花はやがて山形の特産品となった▼こうした紀元を紐解きながら「長南を再び紅花の里」にしたいと同寺の今井住職が約20年前、わずかな種子を境内に栽培、今では約7万本の花が季節を彩るまでになった。訪ねた頃はまだ咲き始めだった紅花、6月下旬になった今もドライフラワーとなって我が家を飾っている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る