どんな魚を、どうやって釣るの?『親子釣り教室』が全部教えます

 市原市五井南海岸にあるオリジナルメーカー海づり公園で、6月11日(土)に開催された『親子釣り教室』。全11名(子ども9、大人11)のうち、半数が初めて当施設を訪れ、釣りも未経験。週末の朝とあって、8時から始まる教室に集まった子どもの中には、眠そうに目をこする姿も。
 親子釣り教室は年6回ほど行われており、「釣りが初めての人は多いが、教室の体験を生かして、今後も色んなスポーツと同じように親しんでもらえたら」という施設職員の願いが込められている。同施設の副所長である山本秀治さんは、この日の講師として約1時間、海について詳しく説明した。
 「通年釣れる魚は、シ―バスと呼ばれるスズキです。大きいと60㎝以上で、40㎝以下はセイゴといいます。出世魚って知っていますか?」と山本さんが尋ねると、数人が小さく頷く。他にも施設ではクロダイやメジナ、サバ、サヨリなど多くの種類の魚が釣れる。珍しいものだとエイやサメが釣れることがあると聞くと、まるで待ちきれないといった様子で、子どもたちは3階の教室から窓の外に広がる海に視線を走らせた。
 「親子釣り教室では、カタクチイワシをメインに頑張りましょう。刺身や天ぷら、つみれにすると美味しいですよ。この魚は死後硬直がないため、他の魚より足が早いです。傷まないように、クーラーボックスに海水と氷を入れて保存するのが安心です」と細かい部分まで説明した。
 カタクチイワシを釣るための方法として、受講者たちはサビキ釣りに挑戦。釣り竿の先端から垂らした糸にカプセルが付いていて、中に餌のアミエビを入れる。海に落とすと、カプセルの穴から自然と餌がこぼれおち、魚が寄ってくるという手法だ。7つ付いている針に、偶然寄ってきた魚が引っ掛かることもあるため、初心者向きでもある。「魚には遊泳層が決まっています。時間、潮の状況などで変わるため、いかに早くその場所を見つけて餌を撒くかが重要です。釣れない場合は、餌の水深を変えてみましょう」と一通り山本さんの説明を受けた後、9時過ぎから2時間の実践がスタート。
 初めは釣り竿の糸をケースからはずすこと、カプセルに餌を入れること、竿の持ち方など、一つ一つの手順に戸惑う親子の姿もあったが、数回繰り返すうちに手慣れた様子。小学生女児2人と家族4人で訪れた母親は、「親子教室は2回目の参加です。昨年末はサヨリがたくさん釣れて天ぷらにしました。とても美味しかったので、今日も期待しています」と意気込む。
 夏日となったこの日、施設からは東京スカイツリーが見えるほど晴れ渡り、気温もぐんと上昇。汗ばみながら、何度もカプセルに餌を入れては、じっと待つ。だが、山本さん曰く、「晴れている日は意外と釣れなかったりするんですよ。西から風が吹くのも良くないですね」という通り、なかなか魚が当たらない。
 ただ待っているだけの時間に、子どもがため息を漏らすと、一緒に参加した父親は「簡単に釣れると思ったの?魚と出会えたらラッキーくらいの気持ちでいこうよ」と笑った。「餌を躍らせてみましょう。動かし過ぎても、じっとしていてもダメです。餌の煙幕の中に、針が入っているのをイメージしてください」と随時、山本さんが声を掛けて回る。「下を狙ってみる。でも、海に入れると餌がすぐ出ちゃうんだよなぁ」と、見解を見出そうとする男児。次第に、「クラゲがいるよ」、「大きな船!何の漁をしているんだろうね」など、海に来たならではの楽しみを堪能する親子も。
 残念ながら、今回の親子教室で参加者が魚を手にすることができなかった。「潮の時間を見てプランを立てて、できれば数時間ではなく1日釣りを楽しんでくれるといいと思います。釣れる時間は分からないけれど、潮どまりといって釣れない時間は決まっているんです。ただ、最大のポイントは、やり続けること。慣れも必要ですね」と山本さんは、最後にアドバイス。簡単には釣れないからこそ、ハマってしまう人も多いのだろう。次回『親子釣り教室』開催日は広報いちはらにて掲載予定。

問合せ 海づり公園
TEL 0436・21・0419

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る