保険の支払総額は家一軒分 契約は慎重に

暮らしとお金の話 パート2 

 7月1日、姉崎公民館主催事業『暮らしとお金の話』(全3回)の第2回『生命保険の掛け方、約款の注意点』が開かれ、8名が参加した。講師は千葉県金融広報委員会の金融広報アドバイザー、齋藤喜代美さん。
 保険は貯蓄でカバーできないリスクに備えるもの。子どもなど経済的に支えたい人の有無、貯蓄や年金、ローンの増減などで必要度が変わる。保険料の支払額と保障内容や受取額が現在の自分の生活に見合うかどうか、ときどき見直したい。
 消費生活相談員でもある齋藤さんは「契約前に、約款をよく読んで」と繰り返す。約款は一方的に事業者が作成したもの。消費者に不利な条件もあるので、「メリットだけ強調した広告を鵜呑みにしないで」。
 支払総額は家一軒建てられる額になるものもある。「約款を何社からも取り寄せ、比較してほしい」とのこと。すでに契約した保険もいざという時に本当に頼れるのか読んでおきたい。特に加入条件のゆるい保険は、支払い条件が厳しいので吟味したい。「また、告知書の記載は正しく」と健康診断結果を書き忘れた例をあげた。
 医療保険をかける前には「医療費には自己負担限度額がある」ことを知っておきたい。高額な自己負担金は高額療養費制度により一部払い戻される。手にするのに3カ月以上かかるが、「事前に市の国民健康保険窓口に『限度額適用認定証』を申請し、医療機関に提出すればその場で自己負担限度額だけ支払えば済む」。その上で保障額を決めよう。
 最後に齋藤さんが「どんな保険より健康に勝る保険はありません」ときっぱり言うと、参加者から拍手が起こった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る