保険の支払総額は家一軒分 契約は慎重に

暮らしとお金の話 パート2 

 7月1日、姉崎公民館主催事業『暮らしとお金の話』(全3回)の第2回『生命保険の掛け方、約款の注意点』が開かれ、8名が参加した。講師は千葉県金融広報委員会の金融広報アドバイザー、齋藤喜代美さん。
 保険は貯蓄でカバーできないリスクに備えるもの。子どもなど経済的に支えたい人の有無、貯蓄や年金、ローンの増減などで必要度が変わる。保険料の支払額と保障内容や受取額が現在の自分の生活に見合うかどうか、ときどき見直したい。
 消費生活相談員でもある齋藤さんは「契約前に、約款をよく読んで」と繰り返す。約款は一方的に事業者が作成したもの。消費者に不利な条件もあるので、「メリットだけ強調した広告を鵜呑みにしないで」。
 支払総額は家一軒建てられる額になるものもある。「約款を何社からも取り寄せ、比較してほしい」とのこと。すでに契約した保険もいざという時に本当に頼れるのか読んでおきたい。特に加入条件のゆるい保険は、支払い条件が厳しいので吟味したい。「また、告知書の記載は正しく」と健康診断結果を書き忘れた例をあげた。
 医療保険をかける前には「医療費には自己負担限度額がある」ことを知っておきたい。高額な自己負担金は高額療養費制度により一部払い戻される。手にするのに3カ月以上かかるが、「事前に市の国民健康保険窓口に『限度額適用認定証』を申請し、医療機関に提出すればその場で自己負担限度額だけ支払えば済む」。その上で保障額を決めよう。
 最後に齋藤さんが「どんな保険より健康に勝る保険はありません」ときっぱり言うと、参加者から拍手が起こった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る