相続で損をしないために

暮らしとお金の話 パート3

 姉崎公民館主催事業『暮らしとお金の話』(全3回)の最終回は『みんなで考えよう 遺言・遺産について』。7月8日、第1回に続いて講義をしたのは野村証券(株)の田中政広さん。知らないと損をしたり、争いになったりする相続の決まりごとについて、「号泣がぴたりと止んだ遺産分け」など笑いを誘う川柳を織り交ぜながら解説した。
 途中、参加者10名はグループになり、同社社員らにアドバイスを受けつつ、問題を解く形で講義が進められた。正誤問題で①遺産相続後に連帯保証人だった亡父の負債がわかり返済を求められた、②正式に財産放棄したあと、相続順位が低い親族が権利を主張してきたなどだ。どちらも正しく、①「負債も財産なのでよく調査して」、②「口頭で相続分をゼロにするのと、正式放棄するのでは違うので注意して」という説明があった。
 平成27年から相続税納付は基礎控除額縮小で対象者が増え、他人事ではなくなった。対策は「ライフプランを立て収支計算をし、死亡予測時の財産を把握する。遺言書を作成する」だ。加えて「保険の死亡給付金は指名した受取人のもの」、「住宅資金の贈与、暦年贈与、教育資金、結婚や子育て費用の一括贈与の非課税制度」も選択肢に入れ生前から準備したい。
 「自らが判断し選択し、財産を円満に残せるよう金融機関の説明会も積極的に使って」と田中さん。「無料だし、しつこい勧誘はしません」と付け加えると会場からは小さな笑いがもれた。参加者は「事前準備が大切と感じた」と感想を述べた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る