相続で損をしないために

暮らしとお金の話 パート3

 姉崎公民館主催事業『暮らしとお金の話』(全3回)の最終回は『みんなで考えよう 遺言・遺産について』。7月8日、第1回に続いて講義をしたのは野村証券(株)の田中政広さん。知らないと損をしたり、争いになったりする相続の決まりごとについて、「号泣がぴたりと止んだ遺産分け」など笑いを誘う川柳を織り交ぜながら解説した。
 途中、参加者10名はグループになり、同社社員らにアドバイスを受けつつ、問題を解く形で講義が進められた。正誤問題で①遺産相続後に連帯保証人だった亡父の負債がわかり返済を求められた、②正式に財産放棄したあと、相続順位が低い親族が権利を主張してきたなどだ。どちらも正しく、①「負債も財産なのでよく調査して」、②「口頭で相続分をゼロにするのと、正式放棄するのでは違うので注意して」という説明があった。
 平成27年から相続税納付は基礎控除額縮小で対象者が増え、他人事ではなくなった。対策は「ライフプランを立て収支計算をし、死亡予測時の財産を把握する。遺言書を作成する」だ。加えて「保険の死亡給付金は指名した受取人のもの」、「住宅資金の贈与、暦年贈与、教育資金、結婚や子育て費用の一括贈与の非課税制度」も選択肢に入れ生前から準備したい。
 「自らが判断し選択し、財産を円満に残せるよう金融機関の説明会も積極的に使って」と田中さん。「無料だし、しつこい勧誘はしません」と付け加えると会場からは小さな笑いがもれた。参加者は「事前準備が大切と感じた」と感想を述べた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る