寒さも和らぐコスモス染めストール

寒さも和らぐコスモス染めストール

 昨年末、上総更級公園センターで、コスモス染めのストールづくりが行われた。『染色工房 華根無会』(代表・成登やえ)の皆さんの指導の元、「コスモスで染めるって、どんな色が出るのだろう」と、大勢の女性たちが草木染めを楽しんだ。火を使えない場所なので、あらかじめ用意されたコスモスの花びらや花芯を煮て絞った染液を使う。ピンク、黄色、モスグリーンの3色の染液から好きな色を選び、絹のストールを染める。20分ほど揉んで洗い流し、軽く絞り生乾きでアイロンがけをして完成。同じ染液でも人によって微妙に違う出来上がりもオンリーワンの風合い。皆さん、ドキドキして仕上がりをみる。
「身近な自然のものでキレイな色に染まって嬉しい」、「シルクだから軽やかで暖かい」と嬉しそう。「化学染料と違い、思わぬ色になるところも面白いですよ」と講師の成登さんもニッコリ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る