季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

散歩していたら、冬枯れの田に百羽以上の鴉がたむろしていた。鳥としては図体の大きい黒装束の集団はちょっと不気味だ▼餌をあさっているらしいが、何だろう。そっと近寄ると、私を警戒していたのが一羽、二羽と飛びたち、やがて全ての鴉が遠く離れた別の田に逃げ去ってしまった▼烏合の衆などと言うが、見張り役もいる。彼らなりの統制もある。人間を絶対に寄せ付けない。人間不信はなはだしいが、それが自然界に生きる掟なのだろう▼確かに鴉にとって人間は危険な存在だ。今では反省しているが、当の私もふざけ半分で河原に遊んでいる鴉に一石投じた覚えがある。知能指数も高い彼らのこと、すでに私を札付きの危険人物と見ているに違いない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る