肝炎ウィルス検査って知っている?各自で高い意識を

 2月14日(土)、茂原市市民会館にて『千葉肝臓友の会』主催で『肝臓病市民公開講座』が行われた。代表の村田充(むらたみつる)さんは、「千葉県の人口620万人のうち、40歳以上は約55%を占める。そのうち肝炎ウィルスの感染を調べる検診の受診者は25%。市の体制によって異なりますが、検査対象者まで情報が行き渡っていないと想定されます。現在は早期発見・早期治療で9割が完治します。肝臓病は70歳前後の患者が多く、行政のさらなる個別勧奨が必要です」と警鐘を鳴らす。
 年10~12回の市民公開講座を設ける同会、この日は藤島クリニックの藤島知則医師と千葉大学総合安全衛生管理機構の今関文夫教授を招き、約120名が訪れた。肝炎ウィルスに感染しても大きな症状が出ずに気付かない人が殆どで沈黙の臓器と言われるが、30年以上の時間をかけて肝硬変や肝がんへと進行していく。医師らは肝炎ウィルスの詳細や新薬について説明。「HCV抗体が陰性かどうかを検査し、ウィルスがいるなら即治療をしましょう。ウィルス駆除で寿命は延びます。ただし発がんリスクは無くなりませんので定期的に検査しましょう!」と訴えた。人間ドックなどの検診では肝炎ウィルスの検査は含まれていない。あなたは肝炎ウィルス検査、済んでいる?

問合せ 千葉肝臓友の会
TEL 047-460-7055(火・金10時~15時半)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る