肝炎ウィルス検査って知っている?各自で高い意識を

 2月14日(土)、茂原市市民会館にて『千葉肝臓友の会』主催で『肝臓病市民公開講座』が行われた。代表の村田充(むらたみつる)さんは、「千葉県の人口620万人のうち、40歳以上は約55%を占める。そのうち肝炎ウィルスの感染を調べる検診の受診者は25%。市の体制によって異なりますが、検査対象者まで情報が行き渡っていないと想定されます。現在は早期発見・早期治療で9割が完治します。肝臓病は70歳前後の患者が多く、行政のさらなる個別勧奨が必要です」と警鐘を鳴らす。
 年10~12回の市民公開講座を設ける同会、この日は藤島クリニックの藤島知則医師と千葉大学総合安全衛生管理機構の今関文夫教授を招き、約120名が訪れた。肝炎ウィルスに感染しても大きな症状が出ずに気付かない人が殆どで沈黙の臓器と言われるが、30年以上の時間をかけて肝硬変や肝がんへと進行していく。医師らは肝炎ウィルスの詳細や新薬について説明。「HCV抗体が陰性かどうかを検査し、ウィルスがいるなら即治療をしましょう。ウィルス駆除で寿命は延びます。ただし発がんリスクは無くなりませんので定期的に検査しましょう!」と訴えた。人間ドックなどの検診では肝炎ウィルスの検査は含まれていない。あなたは肝炎ウィルス検査、済んでいる?

問合せ 千葉肝臓友の会
TEL 047-460-7055(火・金10時~15時半)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る