エレベーター

文と絵 山口高弘

 ホテルの窓から海が見えます。南太平洋、オーストラリアの夏の海です。緑の島々が真っ青な海に浮かんでいて、眼下にはヤシの木に囲まれた湾がありました。
 縁あって昨年末に結婚し、僕、というか僕らは、新婚旅行に来ていました。ハミルトン島という離れ小島。日本でいうと神奈川県の葉山のような、静かで落ち着いた海辺のリゾート地です。
 僕も妻も、ひたすらボーッと過ごしました。昼は天国のような白い砂浜で寝転んで、水着の上にパーカーを着て散策し、夜は満月を波の上に眺めました。世界各国からの観光客たちは、互いを意識することなく思い思いに安らいでいました。大きな自然の前では、人種も国籍も意味をもちません。
 ある夕方、僕らは出かけようとエレベーターに乗りました。南米ふうの観光客が中にいて、「開」のスイッチを押していました。アジア人の僕らが入ったあとに、西欧の白人女性が乗り込みました。でも、廊下から子供の声がする。「待ってよぉ!」女性は苦笑いしながら、エレベーターを開けている人に「閉めていいわ」と言いました。と、間もなく、小さな男の子が片足でぴょんぴょん飛び跳ねながら「間に合ったよママ!」と乗り込んできました。もう片方の靴を手に持っています。続いて父親が、その子の弟の手を引いて、申し訳なさそうに乗り込みました。やんちゃな『お兄ちゃん』は、靴が履けないまま出発の時間になってしまったのです。エレベーター内の小さな世界で、温かい笑いがおきました。
 いつか自分が子供をもったら、と想像しました。きっと僕は、妻や子が乗り込んだエレベーターに、最後に片足でぴょんぴょん跳び乗るような父になるんだろう。妻は僕をチラッと見て、笑いをこらえていました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。小学校4年秋から1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月からイラストを掲載、06年から本連載を開始。
「今年も温かい場面にたくさん出会い、イラストとエッセイでお伝えしてまいります。よろしくお願いいたします」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る