日々の食事で体に良い食材を

 毎日の食事を通し、心と体を健康に保とうと考えられてきた薬膳料理。昨年11月、戸田コミュニティセンター主催による『薬膳料理講座』が行われ、男性を含む12名が参加。冷え対策に体を温め、血行を良くし、老化防止に腎臓の働きを強める食材を使って、サンマのレーズン煮、黒ゴマ豆乳汁粉、アマランサスとエリンギご飯、ミネストローネの4品を作った。
 「体を温めるためには、野菜は生ではなく、加熱して食べることを心がけて。水分が少なく、堅い干し果物や干し野菜もオススメ。血行を良くするためには、下半身を冷やさないようにすることも大切です」と、講師の栄養士・木村みどりさん。体を温める食品は、ネギやサケ、根菜類、シナモン、紅茶など。血の巡りを良くするには、アブラナ科の青菜、タマネギ、ブリ、ラム肉など。腎臓を守って老化を防止、骨粗しょう症や冷え性などには、黒や赤の食品。クルミ、クコの実、エビ、ニラ、クリ、黒ゴマ、山芋などが良いそうだ。
 木村さんの説明のあと、参加者は3グループに分かれ、手分けしながら作業をスタート。サンマは流水で洗いつつ内臓を箸でかき出し、塩をふっておく。後でふきとるか水で洗い流せば臭みは消える。平鍋に水・油・しょうゆ・ショウガと砂糖代わりのレーズンを入れ、沸騰したらサンマを入れてクッキングペーパーでフタ。弱火で20分後、火を強め、煮汁がトロリとするまで煮詰める。ミネストローネは、ニンニク、ロリエ、ベーコンとともに、1センチ角に切ったタマネギ、ニンジン、セロリ、ジャガイモ、シメジを堅い順に炒め、コンソメと水、トマト缶を加えて煮る。最後にコショウで味を整え、セロリの葉を散らす。
 エリンギは切ってフライパンで乾煎りするかオーブンで熱し、焼き目をつけカリカリにして、酒としょうゆに漬ける。柚子の皮の黄色い部分だけすりおろし、実からは汁を絞っておく。白い部分は苦くなるため、入れないよう注意。皮を薄く剥いて刻んでもOK。炊きあがったアマランサス入りご飯に漬け汁とエリンギ、柚子の皮と汁を加え混ぜる。豆乳汁粉は黒ゴマを煎り、皮付きリンゴを切って塩水に漬ける。黒ゴマと水をミキサーにかけ、鍋に入れ黒砂糖を溶かしながら煮る。豆乳を加え2~3分温め、水溶き葛粉か片栗粉を入れてトロミをつける。お椀にリンゴと汁粉をよそればできあがり。
 「レーズンには鉄分、ポリフェノールが豊富。アマランサスはミネラルたっぷり。エリンギは、生シイタケでやっても美味しいですよ。今回は煮る料理が主なので、うまく段取りすればすぐできます。ぜひご家庭でも作ってください」と木村さん。試食した参加者は「お魚とレーズンの組合せは初めて。優しい甘さでとても美味しかった」「焼いたエリンギの香りが凄く良い。食欲が進みます。ミネストローネもベーコンの塩味だけで充分。減塩のコツが分かって良かったです」と満足そうだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る