ハープの優しく繊細で心地良い『癒しの音色』を広めたい

アイリッシュハープ演奏者 齋藤 恵さん

 皆様はハープが奏でる音色を聴かれたことがあるだろうか。ひとの心身を優しく包み込むように響くハープの音色。ハープは大きく分けると、オーケストラでお馴染みの大きなグランドハープと小型のアイリッシュハープとがあり、今回ご紹介するハープ奏者の齋藤恵さん(45)が演奏するハープはアイリッシュハープだ。
 市原市在住の齋藤さんは埼玉県所沢市出身。現在、館山市のダイビングショップで知り合ったご主人と、そのご両親と弟さん、6歳の娘さんと暮らしている。「父は国立音楽大学声楽科の教授。母は国立音楽大学卒業後、自宅でピアノを教えていました。5歳の頃、私がやりたいと言ってピアノを習いましたが、発表会など人前で弾くのがイヤで、小学5年の時にやめてしまいました。中学校ではバスケ部、高校ではブラスバンド部に入りクラリネットを担当。子どもが好きだったので幼稚園の先生になりたいと思い、知人の勧めもあり、幼児教育の専門科がある国立音楽大学への進学を決めました」と振り返る。
 国立音楽大学音楽教育学科卒業後、埼玉県の幼稚園に就職し8年間勤務したのち、「結婚する前に、やりたいことをやろう」と1年ほどオーストラリアへ一人旅を。帰国後、たまたま国立駅前(東京都国立市)にあるギャラリーでアイリッシュハープ奏者で弾き歌いもしている渡邊真位さんの演奏を聴いた。「オーケストラでグランドハープの演奏を聴いたことはありますが、あの時、聴いた渡邊さんのハープの音色には魅了されました。彼女の連絡先を教えていただき、結婚して市原市に住んだ15年前から、毎月、国立まで渡邊さんのアイリッシュハープ教室に通いました」と齋藤さん。
 今では師である渡邊さんが主宰する『クレア音楽企画』の所属演奏家として、各地で演奏会を開いたり、講師を務める傍ら、自宅でアイリッシュハープ教室を運営している。演奏会の依頼が多いのは結婚式や老人施設、幼稚園や保育所などだが、今年2月に戸田コミュニティセンターでコンサートを開き、同月、市原市役所でロビーコンサートを開催し、大勢の観客が集まった。当日は齋藤さんのソロではなく、同じ所属演奏者の里見みどりさんが東京から駆けつけ、デュオ『めぐみどり』として弾き歌いの二重奏を。『さくらさくら』、『早春賦』など6曲演奏し最後に『故郷』を「皆で歌いましょう」と呼びかけ会場の盛り上がりは最高潮に達した。演奏が終わると盛大な拍手とたくさんのアンコールの声が。アンコール曲のあとは、ハープに触れてみようという時間が設けられ、女性だけでなく男性も興味深げに大小のハープの弦に触り、その音色を体感した。「滅多に聴けないハープの演奏会を楽しみにしていた」という来場者は「心に優しく染み入る感じで和めました」、「音楽に気持ちよく包み込まれるような感覚になりました」とうっとりした表情で話していた。
 今回のコンサートの反響に手応えを感じた齋藤さん、「二重奏を始めたのは2年前からですが、今後はソロと半々のペースでやっていきたいですね。更に、コンサートで心がけているのは、演奏を聴きに来てくださった皆様とのふれあい。同じ時間を共有するわけですから、例えば、お誕生日の方がいらっしゃれば、『喜びの歌』を演奏し歌い、ハッピーバースデーと会話も楽しむなど工夫もしています」と微笑む。目標は、「アイリッシュハープの持つ、癒しの音色をひとりでも多くの人に知ってもらいたい。その魅力を広めること」とのこと。だから、様々な場でハーブの音色を届けると同時に「身近に触れる機会の少ない楽器ですが、アイリッシュハープは、場所を取らない、音がうるさくない、1本の指でも音が簡単に出る、他の楽器と合わせることができる…と親しみやすい楽器なんです」とPRも。
 指を動かすことは脳の活性化に役立ち、認知症予防や機能回復にも効果があるといわれている。シニアにススメの楽器では。ストレス社会の昨今、アイリッシュハープで癒し効果は改めて注目されており、アメリカの病院慰問ではハープ演奏が最も人気があるそうだ。
 「自分も弾いてみたい。音色を体感してみたい」という方のために、4月19日、市原市のサンプラザ市原8階音楽スタジオにて『アイリッシュハープ1日体験』を行うが、残念ながらシティライフでの事前告知で既に定員に。但し、随時、体験教室の申込は受け付けているので、希望する方は齋藤さんに問い合わせを。
 また、5月14日(日)まで開催中の『いちはらアート×ミックス』の会場のひとつ、内田未来楽校で5月13日(土)13時30分からミニコンサートを開催する(無料)。是非、アイリッシュハープの癒しの音色を聴きに出かけてみては。

問合せ 齋藤さん
TEL 090・3238・5354
問合せ 渡邊さん
TEL 042・843・6206
問合せ クレア音楽企画
http:harp-songs.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る