ハープの優しく繊細で心地良い『癒しの音色』を広めたい

アイリッシュハープ演奏者 齋藤 恵さん

 皆様はハープが奏でる音色を聴かれたことがあるだろうか。ひとの心身を優しく包み込むように響くハープの音色。ハープは大きく分けると、オーケストラでお馴染みの大きなグランドハープと小型のアイリッシュハープとがあり、今回ご紹介するハープ奏者の齋藤恵さん(45)が演奏するハープはアイリッシュハープだ。
 市原市在住の齋藤さんは埼玉県所沢市出身。現在、館山市のダイビングショップで知り合ったご主人と、そのご両親と弟さん、6歳の娘さんと暮らしている。「父は国立音楽大学声楽科の教授。母は国立音楽大学卒業後、自宅でピアノを教えていました。5歳の頃、私がやりたいと言ってピアノを習いましたが、発表会など人前で弾くのがイヤで、小学5年の時にやめてしまいました。中学校ではバスケ部、高校ではブラスバンド部に入りクラリネットを担当。子どもが好きだったので幼稚園の先生になりたいと思い、知人の勧めもあり、幼児教育の専門科がある国立音楽大学への進学を決めました」と振り返る。
 国立音楽大学音楽教育学科卒業後、埼玉県の幼稚園に就職し8年間勤務したのち、「結婚する前に、やりたいことをやろう」と1年ほどオーストラリアへ一人旅を。帰国後、たまたま国立駅前(東京都国立市)にあるギャラリーでアイリッシュハープ奏者で弾き歌いもしている渡邊真位さんの演奏を聴いた。「オーケストラでグランドハープの演奏を聴いたことはありますが、あの時、聴いた渡邊さんのハープの音色には魅了されました。彼女の連絡先を教えていただき、結婚して市原市に住んだ15年前から、毎月、国立まで渡邊さんのアイリッシュハープ教室に通いました」と齋藤さん。
 今では師である渡邊さんが主宰する『クレア音楽企画』の所属演奏家として、各地で演奏会を開いたり、講師を務める傍ら、自宅でアイリッシュハープ教室を運営している。演奏会の依頼が多いのは結婚式や老人施設、幼稚園や保育所などだが、今年2月に戸田コミュニティセンターでコンサートを開き、同月、市原市役所でロビーコンサートを開催し、大勢の観客が集まった。当日は齋藤さんのソロではなく、同じ所属演奏者の里見みどりさんが東京から駆けつけ、デュオ『めぐみどり』として弾き歌いの二重奏を。『さくらさくら』、『早春賦』など6曲演奏し最後に『故郷』を「皆で歌いましょう」と呼びかけ会場の盛り上がりは最高潮に達した。演奏が終わると盛大な拍手とたくさんのアンコールの声が。アンコール曲のあとは、ハープに触れてみようという時間が設けられ、女性だけでなく男性も興味深げに大小のハープの弦に触り、その音色を体感した。「滅多に聴けないハープの演奏会を楽しみにしていた」という来場者は「心に優しく染み入る感じで和めました」、「音楽に気持ちよく包み込まれるような感覚になりました」とうっとりした表情で話していた。
 今回のコンサートの反響に手応えを感じた齋藤さん、「二重奏を始めたのは2年前からですが、今後はソロと半々のペースでやっていきたいですね。更に、コンサートで心がけているのは、演奏を聴きに来てくださった皆様とのふれあい。同じ時間を共有するわけですから、例えば、お誕生日の方がいらっしゃれば、『喜びの歌』を演奏し歌い、ハッピーバースデーと会話も楽しむなど工夫もしています」と微笑む。目標は、「アイリッシュハープの持つ、癒しの音色をひとりでも多くの人に知ってもらいたい。その魅力を広めること」とのこと。だから、様々な場でハーブの音色を届けると同時に「身近に触れる機会の少ない楽器ですが、アイリッシュハープは、場所を取らない、音がうるさくない、1本の指でも音が簡単に出る、他の楽器と合わせることができる…と親しみやすい楽器なんです」とPRも。
 指を動かすことは脳の活性化に役立ち、認知症予防や機能回復にも効果があるといわれている。シニアにススメの楽器では。ストレス社会の昨今、アイリッシュハープで癒し効果は改めて注目されており、アメリカの病院慰問ではハープ演奏が最も人気があるそうだ。
 「自分も弾いてみたい。音色を体感してみたい」という方のために、4月19日、市原市のサンプラザ市原8階音楽スタジオにて『アイリッシュハープ1日体験』を行うが、残念ながらシティライフでの事前告知で既に定員に。但し、随時、体験教室の申込は受け付けているので、希望する方は齋藤さんに問い合わせを。
 また、5月14日(日)まで開催中の『いちはらアート×ミックス』の会場のひとつ、内田未来楽校で5月13日(土)13時30分からミニコンサートを開催する(無料)。是非、アイリッシュハープの癒しの音色を聴きに出かけてみては。

問合せ 齋藤さん
TEL 090・3238・5354
問合せ 渡邊さん
TEL 042・843・6206
問合せ クレア音楽企画
http:harp-songs.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る