ふるさとビジター館

モリアオガエル森の妖精

 新緑の中、山の尾根道を歩いていた時、伐採され木の上をふと見ると緑色の大きなモリアオガエルがいました。山中での想定外の出会いに感激しました。モリアオガエルは、普段は森林の林床や樹上などに生息していることから、めったに見ることができません。もし出会うことができたら、それは森の妖精に出会うようなものです。しかし、この時期は、繁殖のために池や水田、湿地に集まってくることから、容易に見ることができます。
 モリアオガエルは、アオガエル科のカエルで日本固有種。体長は、メスの方が大きく約6~9センチ、オスは約4~6センチ。体色は個体差があり、全身緑色のものや、緑色の地色に黒や暗褐色の斑点を持つものなどいます。鳴き声は、カラララ・カラララ・クックックッと、連続して鳴きます。千葉県レッドデーターブックでは、要保護生物(C)にランクされ、市原市内では南部の地域に生息しています。
 カエルのほとんどが水中で産卵しますが、モリアオガエルは、池や田んぼなどの水面に張り出した木の枝葉などに黄白色の泡状の卵を産みます。産卵の時にメス1頭に複数のオスが抱きつき、産んだ卵塊を後ろ足でかき回し、泡状となります。この卵塊には数百個の卵が含まれていて、約10日で孵化し、下の池などに落ちて、約1カ月でオタマジャクシからカエルの姿に変態して、森林の中の生活に入っていきます。
 モリアオガエルが生息するためには、産卵できる水辺環境だけでなく、生活場所となる森林環境も必要です。モリアオガエルが生息できる市原の豊かな自然環境を次世代へ承継されることを願います。

(ナチュラリストネット/時田良洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去の記事はこちら

ニュース

スポーツ

サークル情報

スタッフブログ

ページ上部へ戻る