行脚(あんぎゃ)の果ては熱狂か

 アート×ミックス会期中の4月14日から10日間、東京湾河口から水源まで養老川流域を門付け行脚『ちょぼくれ』で巡った舞踏団『トンデ空静(からしずか)』。道中で出会った人間や土地の気を孕み、芸術祭会場『月出工舎』に辿り着き、28日から30日まで野外舞踏公演『ばけのかわ』を興行した。
 主宰の松原東洋さんが「再生が主題。しかし、その後の方向はわからない」と話す舞台は、市原の大地と共鳴して完結する。最終日、全国から訪れた老若男女は約400人。斜面を削り作った仮設席はぎっしり、後ろの小高い木立の間を陣取る人もいた。
 前回の芸術祭開催直前に倒れ、芸術監督の岩間賢さんの作品として蘇った巨木と森が今回の舞台。唄と楽器の生演奏に加わるのは、木々を渡る風や小鳥のさえずり。里山のもののけや人間どもに扮した白塗り、着ぐるみの踊り手が森の奥から湧き出て、お茶らけた空騒ぎと詩的な静の舞踏を交互に繰り返す。
 タヌキ顔の和太鼓集団『切腹ピストルズ』も破壊的パワーで乱入。見下ろす位置にあるプールや校庭、校舎の屋上も縦横無尽に使う長谷川宝子さんの演出に観る人は、月出を包む、あやかし、まやかしの世界に魅了された。
 観客たちは熱狂的ともいえる反応で、入場料替わりのおひねりを次々に投じていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る