行脚(あんぎゃ)の果ては熱狂か

 アート×ミックス会期中の4月14日から10日間、東京湾河口から水源まで養老川流域を門付け行脚『ちょぼくれ』で巡った舞踏団『トンデ空静(からしずか)』。道中で出会った人間や土地の気を孕み、芸術祭会場『月出工舎』に辿り着き、28日から30日まで野外舞踏公演『ばけのかわ』を興行した。
 主宰の松原東洋さんが「再生が主題。しかし、その後の方向はわからない」と話す舞台は、市原の大地と共鳴して完結する。最終日、全国から訪れた老若男女は約400人。斜面を削り作った仮設席はぎっしり、後ろの小高い木立の間を陣取る人もいた。
 前回の芸術祭開催直前に倒れ、芸術監督の岩間賢さんの作品として蘇った巨木と森が今回の舞台。唄と楽器の生演奏に加わるのは、木々を渡る風や小鳥のさえずり。里山のもののけや人間どもに扮した白塗り、着ぐるみの踊り手が森の奥から湧き出て、お茶らけた空騒ぎと詩的な静の舞踏を交互に繰り返す。
 タヌキ顔の和太鼓集団『切腹ピストルズ』も破壊的パワーで乱入。見下ろす位置にあるプールや校庭、校舎の屋上も縦横無尽に使う長谷川宝子さんの演出に観る人は、月出を包む、あやかし、まやかしの世界に魅了された。
 観客たちは熱狂的ともいえる反応で、入場料替わりのおひねりを次々に投じていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る