子どもが自分色に輝くためには

 読み聞かせ、コミュニケーションの取り方などの内容で子育てボランティアのスキルアップを目指す、国分寺公民館と国分寺台地区社会福祉協議会の共催事業『子育てサポーター 地域の子育てに寄り添う』(全8回)が開かれている。初回の4月19日は市原市発達支援センターの言語聴覚士立澤聡さん(45)による『寄り添う心構え・発達障害について』。参加者23名が聴講した。
 同センターでは子どもの発達に関する相談や親子の個別指導や訓練を行っている。「できないことをできるようにするだけではなく、保護者には子育てが楽しい、子どもには生きているのが楽しいと感じてもらうために支援することを大切にしている」という。
 学習障害、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害などの発達障害は医師が診断する病名。症状は個人差が大きく見極めるのは難しい。「子どもと家族は『障害』に困っているのではなくその症状から起きる日常生活でのうまくいかなさに困っています。子育てサポーターには保護者への子育てに対する労いと、寄り添う気持ちで接してほしい」とのこと。
 今後、参加者は10月26日に開かれる子育て世代のためのイベント『バンビフェスタ』にも参加する。同地区社会福祉協議会の会長船山慶子さんは「保護者には地域の私たちが見守っていると感じてもらえるよう接していきたい。子どもは虹のように多様な色の個性を持っています。その色のまま幸せに生きられる社会にしたいですね」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る