子どもが自分色に輝くためには

 読み聞かせ、コミュニケーションの取り方などの内容で子育てボランティアのスキルアップを目指す、国分寺公民館と国分寺台地区社会福祉協議会の共催事業『子育てサポーター 地域の子育てに寄り添う』(全8回)が開かれている。初回の4月19日は市原市発達支援センターの言語聴覚士立澤聡さん(45)による『寄り添う心構え・発達障害について』。参加者23名が聴講した。
 同センターでは子どもの発達に関する相談や親子の個別指導や訓練を行っている。「できないことをできるようにするだけではなく、保護者には子育てが楽しい、子どもには生きているのが楽しいと感じてもらうために支援することを大切にしている」という。
 学習障害、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害などの発達障害は医師が診断する病名。症状は個人差が大きく見極めるのは難しい。「子どもと家族は『障害』に困っているのではなくその症状から起きる日常生活でのうまくいかなさに困っています。子育てサポーターには保護者への子育てに対する労いと、寄り添う気持ちで接してほしい」とのこと。
 今後、参加者は10月26日に開かれる子育て世代のためのイベント『バンビフェスタ』にも参加する。同地区社会福祉協議会の会長船山慶子さんは「保護者には地域の私たちが見守っていると感じてもらえるよう接していきたい。子どもは虹のように多様な色の個性を持っています。その色のまま幸せに生きられる社会にしたいですね」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  2.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  3.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  4.  長南町の緑豊かな田園風景のなか、茅葺き屋根の古民家と周囲に咲くハナショウブ。風情ある花スポット、白井『田園』だ。「母屋は祖父が建てたもので…
  5. 『フレイル』とは健康と要介護の中間期。加齢で心身の活力が低下した虚弱状態を意味する。フレイル予防事業に取り組む市原市は3月23日、フレイル…
  6. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る