人間のわがままに翻弄される外来生物!!
ミシシッピアカミミガメ

 近所の川や池で甲羅干しをしている大型のカメを目にすることが最近多くありませんか? 頭部の両側に橙赤色の斑紋がある「ミシシッピアカミミガメ(以下アカミミガメ)」です。本来の生息地域は、アメリカ合衆国南部からメキシコ北東部の国境地帯。日本には生息していない外来生物が、どうして増えたのでしょうか?
 じつは縁日やペットショップにいる「ミドリガメ」は、アカミミガメの幼体。緑色の甲羅で数センチ、動きが可愛らしく人気があります。しかし、大きくなると手に負えなくなるのか飼養を放棄、野外に遺棄する人が多いと聞きます。毎年数十万個体近くが輸入され、ペットとして安価に販売。その多くで遺棄が頻繁に行われ、増えてしまったと推測されています。
 野外のアカミミガメは当然生きるために採食します。雑食性で、藻類や水草、水生昆虫、甲殻類、魚類、在来のカメ類の卵等様々なものを採食、日本固有の生態系を乱していると言われます。環境省は、「生態系被害防止外来種リスト」において「緊急対策外来種」に位置づけ、防除、遺棄・導入等の対策の緊急性が高いとし、「アカミミガメ対策推進プロジェクト」を立ち上げ、「海外からの導入停止」「捨てガメ=ゼロと終生飼養」「防除の推進」等啓蒙に取り組んでいます。
 外来生物は悪者にされてしまいがちですが、そもそも彼らに非はなく、本来の環境とは異なる場所で一生懸命生きているだけです。アカミミガメを捕獲し輸入するのも、売買するのも、遺棄するのも人間です。アカミミガメは翻弄されているだけで、すべては人間のわがままのせいともいえます。
 今、「ミドリガメ」を飼養されている皆さん。野外に遺棄しないで最後まで飼育しましょう。それが、日本の自然を守ることにもつながります。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る