海山幸に囲まれた千種

 市原市の千種地区は、かつて豊かな海と養老川の育むと豊穣な大地との接点に位置し、半農半漁が生業だった。明治期には塩田もあり、内陸部は江戸期から果樹栽培がされていた。ところが、昭和30年代の京葉臨海工業地域形成に伴う埋め立て事業と急速な市街化により、生活は大きく変化した。
 7月29日、千種コミュニティセンター主催『千種の歴史講演会』が『鎌倉街道を歩く会』により開かれ、60人近くが参加した。前半、『千種地区の自然史』を講義したのは大学で地理学を教える小関勇次さん。
 昭和36年の空中写真では、白塚、柏原、島野、飯沼、野毛、廿五里は少し高くなった堆積微高地に集落があり、囲むようにある水田や畑が昔の河床や氾濫原だったとわかる。参加者とともに現在地、旧海岸線などを確認し、明治期の迅速図、地理院地形図と重ね、中世の養老川の流路を描くと小関さんは「青柳の前川が河口で島野には古代道の駅家がありました。国府に通じる重要な港だったのでは」と推測する。明治から昭和、埋め立て後の暮らしも振り返り、未来に向け、「一緒に故郷を創りませんか」と結んだ。
 後半、『千種地区における石造物の類型及びその特徴』を講義した県立生浜高校教諭の鎗田誠さんは「石造物は郷土を知る大切な史料。身近な墓石からも、江戸時代に海岸の所有権を争った松ヶ島対青柳の因縁が浮かびます」とその魅力を楽しく話した。
 また、松ヶ島の旧家永井家が所有する、納税、徴兵、相撲興行などの貴重な書類も展示され、日章旗の寄せ書きに祖父の名を見つけ、驚く77歳の参加者もいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  2.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  3.  千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7.  皆さんはアリにキノコが生えるのをご存じですか? この写真はムネアカオオアリに寄生しているマルミアリタケです。森の中の朽木からミニチュアのミ…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る