海山幸に囲まれた千種

 市原市の千種地区は、かつて豊かな海と養老川の育むと豊穣な大地との接点に位置し、半農半漁が生業だった。明治期には塩田もあり、内陸部は江戸期から果樹栽培がされていた。ところが、昭和30年代の京葉臨海工業地域形成に伴う埋め立て事業と急速な市街化により、生活は大きく変化した。
 7月29日、千種コミュニティセンター主催『千種の歴史講演会』が『鎌倉街道を歩く会』により開かれ、60人近くが参加した。前半、『千種地区の自然史』を講義したのは大学で地理学を教える小関勇次さん。
 昭和36年の空中写真では、白塚、柏原、島野、飯沼、野毛、廿五里は少し高くなった堆積微高地に集落があり、囲むようにある水田や畑が昔の河床や氾濫原だったとわかる。参加者とともに現在地、旧海岸線などを確認し、明治期の迅速図、地理院地形図と重ね、中世の養老川の流路を描くと小関さんは「青柳の前川が河口で島野には古代道の駅家がありました。国府に通じる重要な港だったのでは」と推測する。明治から昭和、埋め立て後の暮らしも振り返り、未来に向け、「一緒に故郷を創りませんか」と結んだ。
 後半、『千種地区における石造物の類型及びその特徴』を講義した県立生浜高校教諭の鎗田誠さんは「石造物は郷土を知る大切な史料。身近な墓石からも、江戸時代に海岸の所有権を争った松ヶ島対青柳の因縁が浮かびます」とその魅力を楽しく話した。
 また、松ヶ島の旧家永井家が所有する、納税、徴兵、相撲興行などの貴重な書類も展示され、日章旗の寄せ書きに祖父の名を見つけ、驚く77歳の参加者もいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る