海山幸に囲まれた千種

 市原市の千種地区は、かつて豊かな海と養老川の育むと豊穣な大地との接点に位置し、半農半漁が生業だった。明治期には塩田もあり、内陸部は江戸期から果樹栽培がされていた。ところが、昭和30年代の京葉臨海工業地域形成に伴う埋め立て事業と急速な市街化により、生活は大きく変化した。
 7月29日、千種コミュニティセンター主催『千種の歴史講演会』が『鎌倉街道を歩く会』により開かれ、60人近くが参加した。前半、『千種地区の自然史』を講義したのは大学で地理学を教える小関勇次さん。
 昭和36年の空中写真では、白塚、柏原、島野、飯沼、野毛、廿五里は少し高くなった堆積微高地に集落があり、囲むようにある水田や畑が昔の河床や氾濫原だったとわかる。参加者とともに現在地、旧海岸線などを確認し、明治期の迅速図、地理院地形図と重ね、中世の養老川の流路を描くと小関さんは「青柳の前川が河口で島野には古代道の駅家がありました。国府に通じる重要な港だったのでは」と推測する。明治から昭和、埋め立て後の暮らしも振り返り、未来に向け、「一緒に故郷を創りませんか」と結んだ。
 後半、『千種地区における石造物の類型及びその特徴』を講義した県立生浜高校教諭の鎗田誠さんは「石造物は郷土を知る大切な史料。身近な墓石からも、江戸時代に海岸の所有権を争った松ヶ島対青柳の因縁が浮かびます」とその魅力を楽しく話した。
 また、松ヶ島の旧家永井家が所有する、納税、徴兵、相撲興行などの貴重な書類も展示され、日章旗の寄せ書きに祖父の名を見つけ、驚く77歳の参加者もいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る