新年明けましておめでとうございます。今年も皆様のご健康、ご活躍をお祈りすると同時に、益々皆様に喜んで頂けるようなレシピを考えていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。
さて、今年は戌年。干支にちなんだ料理をと思ったのですが、戌年ではそれも出来ません(汗)。ですからもう一度昨年を振り返るという意味で去年の干支、酉年の料理を考えてみたいと思います。ハーブは、風邪やインフルエンザに負けないよう、特に殺菌性、抗ウイルス性の高いタイムを。タイムはシソ科の常緑小低木でコモン、レモン、ゴールデン、クリーピングなどの種類があり、中でもクリーピングタイムは横に広がる特性を生かして、庭のカバープラントとしても人気があります。
その高い殺菌効果の故に古代エジプトでは、ミイラの防腐剤、保存剤として使われてきました。中世ヨーロッパではペストの流行時に、タイムの枝を焚いて空気を浄化したり入浴剤として使い、感染から身を守っていたと伝えられています。料理としてはロースト系やスープ系の長時間火を通す料理や肉の香り付け、臭み取りなど。今回はそんなタイムを使ったマリネードチキンを作ってみましょう。

・材料(2人分)
皮付き鳥もも肉2枚、マリネ液(タイムみじん切り大さじ1、オリーブオイル大さじ3、にんにくすりおろし・レモン汁・酢・砂糖各小さじ1、黒胡椒と塩少々)
・作り方
①マリネ液の材料をボウルに入れ、よくかき混ぜておく。
②各鶏肉を半分に切り分け①のマリネ液の中に漬けたら全体に、肉と皮の間までまんべんなく塗り込んだ後1時間ほどおく。
③フライパンを熱してオリーブオイルをひき、皮が上になるように肉を置いたら蓋をして中火で軽く焦げ目がつくまで焼く。
④今度は皮側を下にして同様に軽く焦げ目がつくまで焼き上げる。カリッと仕上げるのがコツ。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る