ふるさと市原研究の会誌を発行

〈寄稿〉房総古代道研究会

 市原を中心とした房総地方の地域歴史を調査・探求している『房総古代道研究会』では、平成29年12月、会誌2号『房総古代道研究(二)』を発刊しました。前年には研究会の発足5周年を記念して会誌1号を創刊しましたが、各方面から温情ある書評や励ましを頂きました。市原中央図書館の機関紙『こすもす』では「房総古代道研究会から待望の会誌が発刊された。国府や国分寺、更級日記から道路原標まで盛りだくさんの内容で、市原を知る本、市原研究の新たな道しるべとして期待される一冊です」と記載されています。
 この「ふるさと市原を知る本」のコンセプトを掲げて2号も編集し、内容も専門書から史蹟案内的なものまで盛りだくさんです。例えば、次のような疑問に対するヒントや回答が散りばめられています。
①更級日記に登場する「いまたち」は市原のどこなの?
②市原に赴任してきた国司たちは東京湾をどのような船で渡ったの?
③まぼろしの上総国府を「ブラタモリ」的地形観察をしたら何がわかるの?
④県指定無形文化財の「柳楯神事」から見えてくるものは何?
⑤飯香岡八幡宮の生い立ちはどうなっているの?
⑥市原はどうして足利氏に関連する遺跡や文化財が多いの?
 研究会では会誌2号(A4紙84ページ)を一冊700円で一般頒布しています。申し込みはFAXにて。なお、平成32年(2020年)には更級日記の作者・菅原孝標女が市原を旅立ってから千年紀を迎えます。会誌3号では「更級日記小特集」を企画します。各方面の寄稿を期待しています。
 また同研究会はどなたでも自由に参加できるセミナーを隔月開催。1月13日には「ぺリー来航と上総市原郡の村々」「上総の須恵国造と馬と水陸交通」をテーマに行われました。次回は3月を予定、シティライフ情報欄でもお知らせします。詳しくはお問合せを。

TEL・FAX0436・23・1098

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る