ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 隣の栗畑との境界線に、数本のお茶の樹が生垣として植わっています。その垣根を眺めながら、いつの日か自分自身の手で大好きな紅茶を作ってみたいという願望が膨らみ、その栗畑を所有している老御夫婦にお願いしてみたところ、いつでも好きなだけ葉を摘んでも良いと快くお返事を頂いたので、去年の春から念願の手作り紅茶にチャレンジしています。
生えて間もない若葉を摘んでしまうのはちょっぴり可哀想ですが、美味しい紅茶を作るため、先端の部分のまだ柔らかい茎の部分から一本一本手作業で摘み取っていきます。緑茶、ウーロン茶、紅茶は全てツバキ科の樹。その生葉を乾燥、発酵させる過程で緑茶、ウーロン茶、紅茶へと変化します。冬に収穫しておいたレモンを蜂蜜漬けにし、紅茶を注いだティーカップに入れてレモンティーとして頂くのが自分のお気に入り。
お茶の樹はガーデニングショップでもネットでも簡単に手に入りますので、是非紅茶作りにチャレンジしてみて下さい。自分で作ったお茶はきっと美味しい筈です。

●手作り紅茶・材料
お茶の樹の若葉300g程(用意出来るだけでOK)、平べったいザル、大きめのボウル、清潔なタオル1枚

●作り方
1.摘み取った若葉をなるべく重ならない様ザルの上に広げ、1日放置して葉をしならせる。
2. 1の葉をボウルに移し、少しずつ掌に取り、擦り合わせる様にしながら粘りが出るまで全体をしっかり揉んでいく(この間約30分から1時間程、色が緑から茶色に変化)。
3.水で濡らしたタオルを2のボウルの上に直接葉に触れない様に被せ、一晩寝かせて発酵を進める。
4.約120℃に温めたオーブンで15分程熱し、茶葉の発酵を止める。
5.仕上げの乾燥として4の茶葉を再度平べったいザルの上に重ならない様に並べ、風通しの良い日陰に1日程置いて乾燥させる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  2.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  3.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  4.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  5.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  6.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  7.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  8.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  9.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…
  10.  パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに…

ピックアップ記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る