【市原市】手織りで糸の感触を楽しんで

 いちはらアート×ミックスとアートいちはらを通し、数年間かけて築かれてきたアーティストと地元月出町民との絆。昨年のアートいちはら2018秋では、ワークショップ『好きな糸でブレスレットを織ろう』が行われた。講師は、同イベントで毎回素敵な染織を披露している岡博美さんと、地元市原市の織物作家である堀真澄さん。
 「堀さんは第1回の開催から菜の花プレーヤーとして参加されていて、ずっと一緒にワークショップをやりたかったんです。染物の展示が多かったですが、今回は初めての試み。楽しみです」と、岡さんは声を弾ませる。「ブレスレットは10本ほどを縦に並べたものに横糸を通して手で編んでいきます。柄も太さも自由です。ウールの糸なら太いので、意外と早く完成するかな」と、堀さんも参加者に説明する。
 テーブルに並んだ糸は、堀さんが持参した60種ほどでとても鮮やか。「黙々とやっていると、頭の中に穏やかな音楽が流れてくる気がする」、「こういう作業は得意なんです。白い糸は映えるので、選んで良かったです」という他、「細かい作業。うちの旦那にもできるかしら」と、男性の参加も。大事な色を決めるのには時間がかかる人も多いが、「それも楽しんで」と堀さん。 子どもの方が糸や飾りのボタンを選ぶのは直感が働くようで、大体1時間ほどで完成するとか。「本人が気になって仕方がないという時はほどくこともありますが、隙間やねじれができても、それこそが手織りの魅力。失敗はありません。みなさん根気よく作業されます」と、岡さんは楽しそうに話した。ブレスレットは手首だけでなく、鞄にアクセサリーとして付けてもOK。またひとつ、宝物が増えたのでは。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る