【市原市】手織りで糸の感触を楽しんで

 いちはらアート×ミックスとアートいちはらを通し、数年間かけて築かれてきたアーティストと地元月出町民との絆。昨年のアートいちはら2018秋では、ワークショップ『好きな糸でブレスレットを織ろう』が行われた。講師は、同イベントで毎回素敵な染織を披露している岡博美さんと、地元市原市の織物作家である堀真澄さん。
 「堀さんは第1回の開催から菜の花プレーヤーとして参加されていて、ずっと一緒にワークショップをやりたかったんです。染物の展示が多かったですが、今回は初めての試み。楽しみです」と、岡さんは声を弾ませる。「ブレスレットは10本ほどを縦に並べたものに横糸を通して手で編んでいきます。柄も太さも自由です。ウールの糸なら太いので、意外と早く完成するかな」と、堀さんも参加者に説明する。
 テーブルに並んだ糸は、堀さんが持参した60種ほどでとても鮮やか。「黙々とやっていると、頭の中に穏やかな音楽が流れてくる気がする」、「こういう作業は得意なんです。白い糸は映えるので、選んで良かったです」という他、「細かい作業。うちの旦那にもできるかしら」と、男性の参加も。大事な色を決めるのには時間がかかる人も多いが、「それも楽しんで」と堀さん。 子どもの方が糸や飾りのボタンを選ぶのは直感が働くようで、大体1時間ほどで完成するとか。「本人が気になって仕方がないという時はほどくこともありますが、隙間やねじれができても、それこそが手織りの魅力。失敗はありません。みなさん根気よく作業されます」と、岡さんは楽しそうに話した。ブレスレットは手首だけでなく、鞄にアクセサリーとして付けてもOK。またひとつ、宝物が増えたのでは。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る