ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 先月、冬休みを利用してガーデニングを学びにイングランドへ旅行してきました。日も短い、何もない冬のガーデン。殆ど花が咲かない冬の間、イングランドの人々はどの様にガーデニングを楽しんでいるんだろうか? メンテナンスはどの様にしているのだろうか?庭をどの様に綺麗に見せているんだろうか?そんな思いを胸に抱きながら、ロンドンから電車で1時間程の小さな村に住む、日本でも活躍したことのあるガーデナーの友人夫婦の家に滞在し、幾つかのガーデンに連れて行って貰いました。
 寒い冬のイングランドの田舎の生活は、静寂の中に包まれています。家の中で暖炉に火を焚べ、温かいお茶を飲みながらお喋りを楽しみます。火の燃える音と匂いと共に、まるで時間が止まった様にさえ感じます。訪れた家の一つは、もうかなり以前に引退した元外科医のご老人の庭、45年もの間、その広大な庭を殆ど一人で作り上げて来ました。「これは秋に植えたクリスマスローズ、これは夏に植えた沈丁花の若木だよ」と、一つひとつを丁寧に、まるで自分の子供を扱う様に説明してくれます。彼は気の遠くなる様な時間をかけ、ガーデンを作り上げて今何を感じているのだろう?自分は、人生の終盤にかかった時、彼の様に新しい若木を植えようとするだろうか? この老人の目にはガーデニングを通して一体どの様な事が見えているのだろうか?「もう少ししたら植えたクリスマスローズが咲き始めるよ」暖炉の前で微笑む彼の語り口はとても静かで優しく、生命感に満ち溢れています。
 「一体どの様に冬の庭を綺麗に見せるのか?」という気持ちで行ったイングランドですが、見出した答えは別で、単に「待つ事」。慌てずに時間をかけてゆっくりと。長い冬が終わったならば、やがては春が来て花が咲き、夏や秋には沢山の実が付きます。寒い冬は必ず終わるのですから。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…
  2.  手口も多岐にわたり、被害が増え続けている「電話de詐欺」。昨年、全国で親族をかたるオレオレ詐欺被害に関する調査が行われた。対象は、被害者…
  3.  毎月第1日曜のみ。大多喜町の小さなチーズ工房【千】sen の営業日だ。「ひとりで作る数には限界がある。量を増やして質が落ちたりしたら本末…
  4. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  5.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  6. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  7.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る