季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

ふんわり浮かぶ春の雲に見とれていたら、ひょいと仙人が現れ私に手をふった。子供の頃に漫画で見たまんまの格好だ。驚いて目をこらすと、それは嘘のように消え、後には綿雲が浮かんだままだった。このごろ認知症気味なので心配だ▼少年期には仙人に憧れたことがある。摩訶不思議な神通力で何でも出来るからだ。が、それは厳しい修行を要し、簡単ではないことを間もなく知った▼仙人とは中国の道教による理想的人物といわれる。俗世を離れた山中で霞を食い、厳しい修行に堪え、さらに不老不死の身となるのだから神にも等しい超人だ。一方、仙人は無欲で世事にうといという説もある。どちらかといえば、私はそのほうが好きだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る