移動交番による話

移動交番による話

 千葉県下の警察署から白と青でデザインされた車両で定期的に出動し、交番のない地域の公民館などで市民の安全と安心を確保する移動交番。6月末、4人の移動交番係による交通安全講話と防犯講話が三和コミュニティセンターで行われた。
 時速100キロの乗用車が追突した時の衝撃は、39メートルのビルから車が転落した時の衝撃に相当するという。衝突実験ビデオを見て、自分と同乗者の命を守るため後部座席シートベルトは欠かせないことがわかった。
 また、周りが暗いと濃い青や黒は全く見えなくなることを暗幕を使った実験で証明。夜道では白や黄色など明るい色の服を着ること。反射板を身につけるのも有効だ。
 防犯講話では、社会保険事務所の人になりすまして高齢者を狙う還付金詐欺や、多重債務者から低金利の融資を装い保証金という名目でお金をだましとる融資保証詐欺などがあることを説明。「今すぐにATMで手続きを」という言葉は信用しないこと。また、振り込め詐欺はコンビニエンスストアのATMが使われるケースが多いことから、コンビニの代表者を『コンビニエンスストア振り込め詐欺防犯指導員』に委嘱し、振り込め詐欺の防止に努める取り組みを始めた。「スタッフからの声かけがあったときはご協力を」とのこと。(礒川)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る