いちはらふるさと点描

~下高根と川廻し~

田植え前の水田と養老川が白く光り、その中を列車がゆっくりと走って行きます。市原市の穀倉地帯の一つ、二日市場(写真上部)を高坂から眺めた夕暮れの風景です。
実はこの二日市場は、明治の初期まで「下高根」という今は存在しない地名の一部だったのです。
昔の養老川は至る所で蛇行して流れていました。この付近では、馬立方面から流れてきた養老川は、土宇橋(白い橋)から写真左に曲がってから大きく左回りに曲流し、ちょうど二日市場をΩ形で囲むように高坂の下(写真右水門)に流れていました。このΩ形の川の流れを近道の新しい川で繋げ、残されたΩ形の旧河道を水田にしました。これが市原市によく見られる川廻しという新田開発の方法です。
その結果、従来は川の上流から見て左岸だった下高根の一部が右岸に変わり、左岸の上高根、中高根と完全に分断されてしまったのです。やがて明治の町村合併で下高根は消滅し、二日市場、高坂、安須と呼ばれるようになりました。
土手の遊歩道を歩くと、今でも曲流跡が水路として残っているのが分かり、先人の苦労が偲ばれます。
(市原市写真連盟 南市原写真クラブ 髙橋裕造)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る