~下高根と川廻し~

田植え前の水田と養老川が白く光り、その中を列車がゆっくりと走って行きます。市原市の穀倉地帯の一つ、二日市場(写真上部)を高坂から眺めた夕暮れの風景です。
実はこの二日市場は、明治の初期まで「下高根」という今は存在しない地名の一部だったのです。
昔の養老川は至る所で蛇行して流れていました。この付近では、馬立方面から流れてきた養老川は、土宇橋(白い橋)から写真左に曲がってから大きく左回りに曲流し、ちょうど二日市場をΩ形で囲むように高坂の下(写真右水門)に流れていました。このΩ形の川の流れを近道の新しい川で繋げ、残されたΩ形の旧河道を水田にしました。これが市原市によく見られる川廻しという新田開発の方法です。
その結果、従来は川の上流から見て左岸だった下高根の一部が右岸に変わり、左岸の上高根、中高根と完全に分断されてしまったのです。やがて明治の町村合併で下高根は消滅し、二日市場、高坂、安須と呼ばれるようになりました。
土手の遊歩道を歩くと、今でも曲流跡が水路として残っているのが分かり、先人の苦労が偲ばれます。
(市原市写真連盟 南市原写真クラブ 髙橋裕造)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る