たばこの害について楽しく学ぼう

たばこの害について楽しく学ぼう

 昨年夏に結成した『ストップ たばこ キャラバン隊』のメンバーは、地域に健康づくりを広める活動を行う『いちはら健康大使』の集まりで現在12名。防煙・喫煙防止の教育の一環として市原市保健センター、市内保育所、小学校、大人対象の運動教室などで活動し、これまで16カ所を訪問した。
 主に子どもたちに、たばこの害の知識を伝え最初の1本を吸わせないことを趣旨に、一緒になって楽しめるエプロンシアターを通してわかりやすく学べるようになっている。話の内容も数種類用意され、それによっていろいろなキャラクターが現れる。例えば『たばこ大魔王をやっつけろ』では、たばこを止められないお姉さんと悪者のたばこ大魔王、ニコチンマン、ドロドロタールが登場する。各自が人物になりきりながら物語が進み終盤では、悪者をやっつけるポーズと掛け声を全員で元気よく行い退治する。
 実演時間は、約15分から20分。ある会場では「もう終わってしまうの」と惜しむ声も聞かれたという。メンバーは「子どもたちと触れ合うことができ楽しい」、「違う役柄を演じられるのが面白い」、「舞台から知り合いを見つけた時には驚いた」等のそれぞれの思いを語った。
 今後は、今回初お披露目のオリジナルTシャツを着て活動を続ける。代表の秋山さんは「紙芝居もやります。地域の子どもの集いや子育ての会など、地域の方々にも多く声をかけて頂けるよう活動を続けていきたいです」と語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る