Health&Beauty 美容と健康特集

30度を超える真夏日が当たり前になってきた今日、季節の変わり目には体調を崩す人も多いですね。また夏は肌の露出が多くなり、美容・健康の意識が高くなる時期。夏本番を乗り切るためには、予防が何より大事!夏バテに効く4つの栄養素と美容に良い食べ物をご紹介します。

4つの栄養素

たんぱく質
体のもととなる3大栄養素のひとつ。血液やホルモン、体の組織になります。
(卵、乳製品など)

ビタミンB群
糖質やたんぱく質、脂質といった栄養素の分解を助けます。ただ食べ物を食べるだけでは、身体が吸収できません。ビタミンB群を摂ることで、栄養の吸収率がアップして、暑さに耐えられるエネルギーを作ります。
(豚肉、うなぎなど)

ミネラル
汗で流失しやすく、暑い季節は損失が多くなります。ビタミンB群と同じように、代謝を助ける働きもあるため、多めに補給してあげる必要があります。
(牛乳、スポーツドリンクなど)

ビタミンC
紫外線のダメージによる活性酸素を除去します。疲労回復のために補給しましょう。
(キウイ、レモンなど)

美容に良い食べ物

ヨーグルト
乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が多く含まれているため整腸効果に期待ができます。
乳酸菌とビフィズス菌は胃酸に弱いため、食後の胃酸が弱まったときに食べるのが効果的!

トマト
栄養素の多いトマト。特にリコピンは強い抗酸化作用を持つとされ、動脈硬化や心筋梗塞などの予防になります。

納豆
納豆には体に良い栄養素がたくさん含まれております。免疫力の向上、高血圧、血栓の予防、カルシウムの吸収力UPなど万能食品です。

ブロッコリー
ブロッコリーには、ビタミンC、E、β-カロテン、カリウムなどたくさんの栄養素が豊富。
栄養を無駄なく摂取するのには、茹でるより、蒸して食べるのが効果的。

のり
のりは、昆布のグルタミン酸、かつお節のイノシン酸、干しシイタケのグアニル酸という、3大旨み成分のすべてを含んでいる食材。鉄分やカルシウムが豊富に含まれています。

効果には、それぞれ個人差があります。自分に合った食事方法で夏を乗り切りましょう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る