災害時に役立つ アイテムを学ぶ【市原市】

 8月4日(日)、市原市の上総更級公園センターで開催された『ソーラークッカーで料理を作ろう』。35度近くの暑さの中、参加した子どもと大人合わせて16人は、約2時間かけてソーラークッカーについて勉強しながら制作した。「ソーラークッカーは太陽熱を利用した調理器具のことです。かなりの日光を必要とするので、補助的な物として考えてください。また、反射光で熱をためるため、太陽の向きによって反射板の向きを変える必要があります」と、初めに説明するのは同センターのスタッフ。
 参加者たちは、まず大きなアルミ板をハサミで大きく2つに分ける。そして上部分を立てて、2カ所に切り込みを入れた下部分に差しこむと、簡単に反射板の出来上がり。食べ物を温める容器は、熱が吸収されやすいようにスプレーで黒く塗ったアルミ缶を準備。アルミホイルの上に缶をのせ、マジックで縁取りをしてから少し余裕を持って円形に切る。周囲に少し切りこみを入れれば、缶の蓋ができる。反射板の中に、半分に割った割り箸を置き、その上にアルミ缶を乗せる。上部を切り取った2リットルのペットボトルを逆さにして、それらを覆えばソーラークッカーの完成だ。「小4の娘がほとんど作ってくれました。しっかりしている姿を見られて良かったです」と話す母親。7組のグループがソーラークッカーを作成したが、親子連れが多く、ハサミで切ったりテープを貼ったりする時には、お互いに協力し合う光景も見られた。
 そして、参加者たちは実際にソーラークッカーでの調理に挑戦。小さなカップにカステラやサツマイモ、チョコレートを入れて、アルミ缶の縁にはまるようにしてセット。アルミホイル、ペットボトルなどで覆ってからセンターの外へ。「これが家のだよね!」、「ちょっと曇っている。太陽、出てこい!」と、暑さに負けない子ども達。15分ほど太陽の下に置いてから、いざ試食。途中、強い風に吹かれて飛ばされそうになる一面があったものの、それも次回への教訓になったのでは。センター内で各自開けてみると、見事にチョコレートがカステラにとろり。
 「今回は、最近多く発生している災害のための防災企画として開催しました。ただ避難訓練をするのではなく、役立つことを覚えながら記憶に残るものを、今後も行いたいです」と同センターのスタッフ。「日光が強ければジャガイモが柔らかくなるし、コーヒーを温めることもできます。ただ、太陽が出ていない状態で長時間外に置いておくだけだと雑菌が増殖して危険なので注意して下さい」と他のスタッフも続ける。子ども達からは、「太陽光を利用した道具は他に何があるんですか?」などの質問が飛んだ。災害時だけでなく、ちょっとしたイベントにもソーラークッカー、大活躍できるかも!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る