人生、自分の気持ちに正直に【東金市】

 東金市在住の関谷美穂さんが描くパステルアートは柔らかい色遣い、そして可愛らしいクジラやお月さま、花などの絵で感じられる『癒し』が特徴だ。「私は、どの絵にも丸を入れるのが好きなんです。丸の魔法って呼んでいるんですが、それだけで可愛くなるんです」と、明るい笑顔を見せる。
 日本パステルアート協会認定の正インストラクターの資格をもつ関谷さんが、パステルアートを始めたのは5年ほど前のこと。短大卒業後はずっと保育士として東金市内で働いていたが、「当時、仕事以外の趣味が欲しかったんです。小さい頃から絵を描くことが好きで、水彩画とか習いたいなって漠然と思っていて。同じ保育所の先輩や友達と数回、パステルアートの体験に行ったことがきっかけだった」と話す。初めて体験教室に行った帰り道、その楽しさを忘れられずに百円均一で即刻、材料を購入。自宅に帰ってから、体験でやったことを思い出しながら絵を描いたという。「それからは何度も教室に通い、準インストラクターと正インストラクターの資格をとりました。職場の受け持ちのクラスに絵を飾っていると、周囲が可愛いと褒めてくれるのが嬉しかったです」と、振り返る。
 もっと描きたい。もっと精力的に活動してみたい。そう思うものの、保育士との両立ではかなり時間が限られた。「やりがいはあったけど、自宅に持ち帰る仕事も多くて。専念したくて、思い切って退職したのが2年前」のこと。実家近くのアパートを借りて教室を開き、東金市内のカフェ『Ant』で毎月一度ワークショップを行っていて、最近ではリピーターも増えているという。
 パステルクレヨンを茶漉しで粉末にして、指で紙に色を塗る。余分な粉は筆で払い、何度も繰り返し色を重ねて完成させる。少しはみ出してしまっても消しゴムでけせるので問題ない。「慣れれば1つの作品を1時間半ほどで作れます。ワークショップだと小さい紙で15分ほど。お子さんたちが楽しんでくれますね」というが、絵は関谷さんが作成した型を使う場合だけでなく、自身の想像で描くのもOK。「教室では、一度目は体験したくて来るけれど、二回目は息抜きのリラックスタイムとして来てくれますね。お喋りしながら、友達のような感覚になれます」と、充実感が窺えた。保育士としての経験が、子どもの対応や人に物事を教えることにも役立っている。「今は、来年のカレンダーを制作中です。これからは、教室以外にも公民館での講座とか挑戦できたら」と、抱負を語る関谷さん。
 教室やワークショップ、作品について詳細は問合せを。なお、依頼出張やイベント出店など随時受付中。   
問合せ:関谷さん
http://sfren.crayonsite.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る