「交通安全は家庭から」を合言葉に25年!

笑顔で地域とふれあい、地道な活動を継続
茂原市交通安全母の会

 「『いってきます』と家を出る時『いってらっしゃい』の後、『気を付けてね』と一言添えられたら、何となく『気を付けようかな』という気になりますよね」と笑顔を見せるのは、茂原市交通安全母の会の大塚節子さん。平成4年5月18日に設立された同会の第三代目の会長である。「今年で25年。現会員のうち3分の1が設立当初からのメンバーです。長続きの秘訣は、無理をしないで1年のうち1回でも2回でも可能な日だけ活動に参加するというスタンスと和気藹々とした雰囲気。駐在さんの奥さんたちをお呼びして慰労会を開き喜んでいただいたこともありますよ」
 「交通安全母の会」は、全国の市町村にある交通安全に関するボランティア団体。千葉県においては、昭和45年の松戸市を皮切りに、平成3年に佐原市(現・香取市)、平成4年に茂原市を含む9市町村で設立され、現在、17団体が組織されている。
 主事業は交通安全の啓発活動。茂原市交通安全母の会では、年間を通した活動として、市内全小学校新入学児童へのランドセル用反射テープ贈呈、各種街頭啓発(特に「茂原七夕まつり」では歩行者にうちわを配布して好評)、高齢者交通安全教室、保育所での交通安全啓発紙芝居、視察研修、「交通安全フェア☆もばら」(茂原市と共催)等の他、毎月10日に「アクション10」と称して、市内の交差点で信号待ちのドライバーに啓発物資(チラシや反射テープ、チューインガムなど)を手渡し、交通安全を呼びかけている。
 メンバーの一人は言う。「効果がはっきりと目に見える類の活動ではないのですが、子どもたちと触れ合い、その反応、笑顔を直に受けるのは喜びです。例えば、猫たちの街を描いた『ちょっとまって』という紙芝居は、子どもたちが真剣な表情で見入ってくれます。メンバーがそれぞれの登場人物になってセリフを言うのですが、始めた頃は上手にお芝居ができなかったけれど、最近ではみんなすっかり猫になりきって楽しんでますよ」
 そして紙芝居終了後は、シールや消しゴムなどの入った交通安全啓発グッズを全員にプレゼントして「おうちに帰ったら今日お勉強したことを話してくださいね」と話す。「交通安全母の会の合言葉は『交通安全は家庭から』。家族全員で交通安全に対する高い意識を共有することが大切です。そうすれば自然に、外出時の『気を付けて』という声かけも出てくるはずです」と、大塚会長は家庭の在り方の重要性を強調する。
 ちなみに、同会では平成15年、市内14の全小学校の児童・保護者を対象に交通安全意識アンケート調査を実施。「その結果、大人より子ども、高学年より低学年の方が交通安全指導に対して素直に受け入れやすいことがわかりました。そこで、親から子どもへの教育でなく、子どもから親への注意喚起、幼い頃の徹底した安全教育が有効ではないかと考えました」。そこで始まったのが、この交通安全啓発紙芝居だ。
 また、1年を通じ同会の最大のイベントといえるのが「交通安全フェア☆もばら」。ショッピングプラザ「アスモ」を会場に、事前に募った交通安全優良ポスターの表彰式&作品展、幼稚園の演奏会、キャラクター「モバりん」と楽しく学ぶ交通安全教室、ハズレなしのお楽しみ抽選会や各種チャレンジコーナー(白バイ・パトカー乗車体験、子ども免許証作成、ロードサービス隊員制服体験、シートベルト衝撃体験などなど)と多彩な企画が用意され、多くの家族連れで賑わう。「回を重ねることで、協力団体が増えてイベントが充実してきました。これも地道な活動を継続してきたことの成果だとメンバー一同喜んでいます」
 現在、会員募集中。「幼稚園の保護者を中心に84名で設立した当初から、今や平均年齢はアップ(笑)。母の会という名称ですが、女性なら誰でもお待ちしています」。年会費500円。

問合せ 事務局(茂原市役所生活課)
TEL 0475・20・1505

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る