ミツバチ達の分蜂の季節もほぼ終わり、今年は6つの新しい群れを観察させて貰っています。観察させて貰っているという言葉を使ったのは、ハチは自分達の意思で蜜を集め、人間の手を殆ど煩わせないからです。自然界の中で暮らしていたものを人間が住居を作り、ハチ達に住んで貰っているだけで、人間のする事といえば週に1回の巣箱の掃除と外敵であるスズメバチやダニ、それから蛾の幼虫のスムシから守ってあげる事だけ。その報酬として少しだけ蜜を分けて貰います。
 ハチは巣箱の上部に蜜を貯蔵、下の部分は幼虫の部屋なので、上の部分だけを切り離して蜜を集めます。1匹のミツバチが一生の間に集める蜜の量は、小さなティースプーンたった1杯分と言われています。観察していると、かなりの風が吹いていても多少の雨が降っていても、毎日せっせと蜜を集めている事が分かります。普段何気なく食べている蜂蜜であっても、ミツバチの大変な苦労が詰まっているのです。
 今回はその採れたての大切な蜂蜜でレモンカードを作ってみました。日本ではあまり馴染みがない様ですが、英国ではデザートとして親しまれています。パンやクラッカーに塗ったり、ヨーグルトにかけたりしていただきます。

 

・材料
国産レモン2個(皮も使うのでなるべく防カビ剤の使用されていないもの)、蜂蜜100g、バター50g(キューブ状に切っておく) 、卵3個と卵黄のみ1個
・作り方
①レモンの皮を擦り下ろし、果汁を絞る(両方とも使う)。
②卵をボウルに入れてよく攪拌(かくはん)する。
③蜂蜜、レモン果汁と擦り下ろした皮を②のボウルに加え、約60度の湯煎にかけながら、バターが完全に溶けるまで優しくかき混ぜる。
④煮沸消毒した密閉式の容器に入れ、冷蔵庫の中で保存する(卵を使用しているので2週間以内に召し上がって下さい)。

 

長谷川良二
長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る