避難所がどんな場所か、知っている?

 7月18日(土)、市原市の有秋公民館で開催されたのは『災害に備えて 避難所運営訓練』講座。有秋地区社会福祉協議会他主催の同講座に集ったのは、有秋地区在住の約50名。
『防災の絆、ひとづくり、まちづくり』を実践するNPO法人ゆかいな仲間たちの理事長である講師の白尾克伸さんは、「会場には、災害時に生きる仕掛けがしてあります。意識して講座に取り組みましょう」と声をかける。避難所の受付時にガムテープに名前を書き、胸に貼ること。飲料水用の紙コップにもマジックで名前を書くことなど、災害時にいかに少ない資源で生活をしのぐかの知恵を学んだ。
 災害は決して地震によるものだけではない。洪水や火災を含め、工場地帯の市原ではあらゆることを想定しなければならない。「地震の場合は水が止まるでしょう。飲み水は我慢できても、さて、排泄はどうしますか?」との問いに、「庭でする」、「凝固剤だ」と様々な答えが飛ぶ。
 さらに、避難所には様々な人が来る。目や耳に障がいがあれば、情報を伝えるだけでも困難が生じるかもしれない。受講者は、声を出さずに誕生日順に並び替わる『お誕生日ゲーム』や、様々な事情を持った避難者をどのように受け入れるのかの『避難所運営ゲーム』を通して疑似体験し、「避難所はホテルじゃない。自主的な行動の必要性を学べました」と話した。
 会場にはペットボトルで作る『浮き』や『太陽熱温水器』など数種類もの活用アイディアが並んだ。いつ起こるか分からない災害に、日頃からの心構えが必要だろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る