避難所がどんな場所か、知っている?

 7月18日(土)、市原市の有秋公民館で開催されたのは『災害に備えて 避難所運営訓練』講座。有秋地区社会福祉協議会他主催の同講座に集ったのは、有秋地区在住の約50名。
『防災の絆、ひとづくり、まちづくり』を実践するNPO法人ゆかいな仲間たちの理事長である講師の白尾克伸さんは、「会場には、災害時に生きる仕掛けがしてあります。意識して講座に取り組みましょう」と声をかける。避難所の受付時にガムテープに名前を書き、胸に貼ること。飲料水用の紙コップにもマジックで名前を書くことなど、災害時にいかに少ない資源で生活をしのぐかの知恵を学んだ。
 災害は決して地震によるものだけではない。洪水や火災を含め、工場地帯の市原ではあらゆることを想定しなければならない。「地震の場合は水が止まるでしょう。飲み水は我慢できても、さて、排泄はどうしますか?」との問いに、「庭でする」、「凝固剤だ」と様々な答えが飛ぶ。
 さらに、避難所には様々な人が来る。目や耳に障がいがあれば、情報を伝えるだけでも困難が生じるかもしれない。受講者は、声を出さずに誕生日順に並び替わる『お誕生日ゲーム』や、様々な事情を持った避難者をどのように受け入れるのかの『避難所運営ゲーム』を通して疑似体験し、「避難所はホテルじゃない。自主的な行動の必要性を学べました」と話した。
 会場にはペットボトルで作る『浮き』や『太陽熱温水器』など数種類もの活用アイディアが並んだ。いつ起こるか分からない災害に、日頃からの心構えが必要だろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る