以前、英国の知人に、日本には豊富な食材が揃っていて羨ましいと言われた事があります。英国では数十年前まで、カボチャやトウモロコシ、スイカ、サツマイモなどは店頭になく、子供の頃は写真でしか見た事が無かったので、一体どんな味がするんだろうと想像を膨らませていたそうです。ハロウィンの季節にはカボチャの代わりに白いカブをくり抜きランタンを作ったり、コーンはそれまで缶詰しか食べた事がなかったり。大人になってアメリカを旅行し、初めて採れたての新鮮なトウモロコシを食べた時には、大変感動したそうです。
 ここ日本では特に秋の季節、豊富な食材を手に入れる事ができます。料理本の中から新しい料理の気になるレシピを見つけて挑戦したり、自分だけのオリジナルレシピを考えて作るのも楽しいと思います。今年は今まで自分では使った事がない「栗」が思い浮かびました。栗料理と言えばマロングラッセかモンブランケーキ、栗ご飯くらいしか食べた事がありません。そこで自分だけのオリジナルなマロンペーストを考えてみました。栗そのものが甘いので、塩気のあるクラッカーに塗って食べるのをお勧めします。

●材料
栗500g、黒糖100g、バター100g(室温に戻しておく)、 シナモン小さじ1/2、バニラエッセンス2〜3滴、生クリーム100ml、ブランデー(お好みで)
●作り方
①沸騰したお湯に栗を入れ、吹きこぼれないよう弱火で30分程煮る。
② ①をザルにあけ、ある程度冷めたら半分に切り、スプーンで中身を取る。
③フードプロセッサーの中に②と生クリーム、シナモン、バニラエッセンスを加え、よく攪拌する。
④ボウルにバターを入れ、ハンドミキサーでクリーム状にしたら、黒糖を少しずつ入れ更に混ぜる。
⑤ ④の中に③を加え、ハンドミキサーで更に滑らかになるまで混ぜる。
⑥清潔なビンの中に入れて保存する。

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る