昭和を生き抜いた… 山里 吾郎

 戦中から戦後、いずれも激動の昭和を生き抜いてきた。平成も28年になるが、それぞれの人生史からみれば、はるかに昭和の方が長い。よわい(齢)70前後。それぞれ講釈も達者だが、体も心も強い。そんな18人が参加して「昭和ゆかりの地」を歩いた▼小欄でも一度紹介したことのある町会ハイキング部主催。健康志向と手軽さゆえだろう、数あるサークル活動の中でも一番人気だ▼今回の目的地は東京・立川市の昭和記念公園。「昭和の日」も間近い4月17日早朝、五井駅から一路立川駅へ向けて出発した▼この日は熊本地震の発生直後で、九州地方から崩れだした前夜来の風雨が関東に接近。出発時からどんよりとした空は立川が近づくにつれ雨粒が電車の窓を打ち付けるほどの強さに。「急変は覚悟していた」はずだったが、直前の東小金井で想定外に。強風のため運転ストップ、記念公園到着は1時間遅れとなった▼強風と雨を避けるようにまずは腹ごしらえ。そのうちに雨はやみ、散策をスタートするころには逆に夏日を思わせるような強い日差しが待っていた▼それにしても広い。180ヘクタールというから山倉こどもの国の10個分。まさに緑と水におおわれた大自然そのものだ▼サクラはほぼ終わっていたが色彩豊かなチューリップや菜の花が真っ盛り。そんな花畑や情緒たっぷりの日本庭園、新緑目映い木立の並木、さらに中高年の心を奪う盆栽の数々…約2時間半をかけて園内散歩を楽しんだ▼帰路も電車の遅れに悩まされたが、夕刻には八幡宿駅へ。ここで解散はしたが昭和育ちらしく、何人かはその足で焼き鳥屋の暖簾をくぐった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る