昭和を生き抜いた… 山里 吾郎

 戦中から戦後、いずれも激動の昭和を生き抜いてきた。平成も28年になるが、それぞれの人生史からみれば、はるかに昭和の方が長い。よわい(齢)70前後。それぞれ講釈も達者だが、体も心も強い。そんな18人が参加して「昭和ゆかりの地」を歩いた▼小欄でも一度紹介したことのある町会ハイキング部主催。健康志向と手軽さゆえだろう、数あるサークル活動の中でも一番人気だ▼今回の目的地は東京・立川市の昭和記念公園。「昭和の日」も間近い4月17日早朝、五井駅から一路立川駅へ向けて出発した▼この日は熊本地震の発生直後で、九州地方から崩れだした前夜来の風雨が関東に接近。出発時からどんよりとした空は立川が近づくにつれ雨粒が電車の窓を打ち付けるほどの強さに。「急変は覚悟していた」はずだったが、直前の東小金井で想定外に。強風のため運転ストップ、記念公園到着は1時間遅れとなった▼強風と雨を避けるようにまずは腹ごしらえ。そのうちに雨はやみ、散策をスタートするころには逆に夏日を思わせるような強い日差しが待っていた▼それにしても広い。180ヘクタールというから山倉こどもの国の10個分。まさに緑と水におおわれた大自然そのものだ▼サクラはほぼ終わっていたが色彩豊かなチューリップや菜の花が真っ盛り。そんな花畑や情緒たっぷりの日本庭園、新緑目映い木立の並木、さらに中高年の心を奪う盆栽の数々…約2時間半をかけて園内散歩を楽しんだ▼帰路も電車の遅れに悩まされたが、夕刻には八幡宿駅へ。ここで解散はしたが昭和育ちらしく、何人かはその足で焼き鳥屋の暖簾をくぐった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る