スポ協通信~寒い冬こそ、手軽にアイススケートで楽しもう‼ 市原市スケート協会~

 寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとしてアイススケートはいかがでしょうか。近年、アイススケート場が減少(千葉県には3か所のみ)していく中、市原市では12月~2月限定ですが、姉崎スケート場(市内・市外を問わず中学生以下は無料)がオープンしています。
 市原市スケート協会は、姉崎スケート場を主に活動しています。少しでもアイススケートに親しんで頂く為に、協会主催のスケート教室を12月~2月に各月1回実施。又、期間中の土日祭日(数時間/日)は、希望者に初心者のスケート指導も行っています。12月開催の「市民スケート教室(5日間・夜)」でも指導を担当させて頂いています。
 1月末~2月上旬に開催される市民スケート大会(市民体育大会スケート競技)では、協会が主管として運営を担当します。この大会は、市内在住、在勤の小学生から大人の方までが対象で、今年は2月5日(日)に開催。競技は小学生の部で300m(2周)・500m、中学生以上では500m・1000mのスピード競技、2人1組が手をつないで滑るペアー競技、家族リレー(3人1組・各1周)、そして、一番盛り上がる小学校対抗(5名1組・各1周)の団体リレー等があります。又、小中学生を対象とした氷上アトラクションゲームも行っており、参加賞も受け取って皆さん大喜びです。今まで参加頂いていない方も是非ご参加ください。
 又、皆様の各種団体等で初心者にスケートを教えて欲しいなどの要望がありましたならば、スケート協会の役員が「市原市スポーツ協会」のスポーツ指導者バンクに登録しておりますので、スポーツ協会(電話:0436・42・7712)へご連絡頂ければと思います。スケートは小さなお子さんからお年寄りの方々まで、注意しながら実施すれば、体に過剰な負担がかからず、気軽に出来るスポーツです。この機会に、アイススケートに触れてみませんか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る