こでまりの夢~ゴミを捨てない人になろう~

 一昨年の春、当園の年長児クラスが海へ遊びに行った際、ゴミがたくさん落ちていたのを見て、当時の年長さんが、「園長先生、海にゴミがたくさん落ちていたよ。皆で拾いに行ってもいい?」と言ってきました。それから、海のゴミ問題をインターネットで調べ始めました。マイクロプラスチックを魚が食べてしまったり、ウミガメがビニール袋を餌と間違えて食べて死んでしまったりすること知り、心を痛めたのでしょう。『海を救うプロジェクト』を子どもたちが考え、担任と共にビーチクリーンをやり始めました。

 このプロジェクトは昨年度も引き継がれ、2カ月に1回のペースで、白里海岸、片貝海岸、白子海水浴場へ。時には、サーファーさんたちや保護者の皆さんも子どもたちと一緒にビーチクリーンに参加してくださいました。

 そして、今年度の年長さんから、「街のゴミが川にいって、川から海にゴミが流れていくんだよ。だから、街のゴミを拾った方がいいと思う」という意見が出たので、今年は、『まちのごみをなくそうプロジェクト』に決まりました。ゴミ問題だけでなく、環境問題をテーマにSDGsを子どもたちと一緒に考えていきたいと思います。

 大人が捨てたゴミを子どもたちが一生懸命に拾っています。この子どもたちは、きっと大人になってもゴミを捨てない人になってくれるでしょう。

 

◇中嶋 悦子(なかしま えつこ)

1965年生。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。社会福祉法人ありんこ会理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。 Tel.0475・53・3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る