将来のJリーガーを夢見て 『ちびっこサッカー大会』開催

将来のJリーガーを夢見て
『ちびっこサッカー大会』開催

 5月12日(日)、東金市民サッカー場で行われた『第17回東金市ちびっこサッカー大会』(東金市サッカー協会主催)。出場資格は、市内に住む幼稚園児から小学3年生までの男女及び東金市サッカー協会所属クラブ関係者。晴天の空の下、ピッチ内を元気に走り回るちびっこたちに「行けー!」、「惜しい!」の大声援が飛んでいた。
 大会のきっかけは、サッカー協会にも所属している『ときがねFC』のクラブ内のイベントだった。「始めはクラブ内の試合でしたが、人数が足りずクラブに所属していない友だちを連れてきたりしていて、他のクラブも会員不足に悩んでいたときだったので、より広くサッカーを普及させるためにサッカー協会の行事として開催されるようになったのが始まりです。この大会にはクラブに入っていない子も出場できます」と話すのは、ときがねFC代表の前嶋靖英さん。
 現在サッカー協会に加盟するクラブは7団体。クラブに所属する子どもたちを中心に、幼稚園生、1年生、2年生、3年生のクラスに分かれ23チームがエントリー(女子チームは2学年下に参加可)。それぞれのクラスの頂点目指して試合が行われた。幼稚園生のクラスで優勝した『ラブ・リーズ』はこの大会に向けて結成、初出場で優勝を飾った。「楽しかったよ」とメダルをもらってニッコリ。他は1年生『ドラゴンボール』、2年生『ARTISTA Jr』、『FCFレジェンド』、『城西スパーク』、3年生『FCFユナイテッド』、『男塾』、『ファイナルドラゴン東』が優勝。
「知らない選手と試合をすることはスリルがあって楽しい。それを子どもたちに体験させてあげたい。ユニホーム着て、お弁当持って対戦に向かう。それがスポーツの醍醐味。大会関係者や親御さんは大変ですけど、子どもたちの喜ぶ顏見たら疲れも吹っ飛んじゃいますよ」と笑う前嶋さん。ちびっこながら華麗なドリブルや豪快なシュートに、もしかしたらこの中から将来のJリーガーが生まれるかも。     

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る