将来のJリーガーを夢見て 『ちびっこサッカー大会』開催

将来のJリーガーを夢見て
『ちびっこサッカー大会』開催

 5月12日(日)、東金市民サッカー場で行われた『第17回東金市ちびっこサッカー大会』(東金市サッカー協会主催)。出場資格は、市内に住む幼稚園児から小学3年生までの男女及び東金市サッカー協会所属クラブ関係者。晴天の空の下、ピッチ内を元気に走り回るちびっこたちに「行けー!」、「惜しい!」の大声援が飛んでいた。
 大会のきっかけは、サッカー協会にも所属している『ときがねFC』のクラブ内のイベントだった。「始めはクラブ内の試合でしたが、人数が足りずクラブに所属していない友だちを連れてきたりしていて、他のクラブも会員不足に悩んでいたときだったので、より広くサッカーを普及させるためにサッカー協会の行事として開催されるようになったのが始まりです。この大会にはクラブに入っていない子も出場できます」と話すのは、ときがねFC代表の前嶋靖英さん。
 現在サッカー協会に加盟するクラブは7団体。クラブに所属する子どもたちを中心に、幼稚園生、1年生、2年生、3年生のクラスに分かれ23チームがエントリー(女子チームは2学年下に参加可)。それぞれのクラスの頂点目指して試合が行われた。幼稚園生のクラスで優勝した『ラブ・リーズ』はこの大会に向けて結成、初出場で優勝を飾った。「楽しかったよ」とメダルをもらってニッコリ。他は1年生『ドラゴンボール』、2年生『ARTISTA Jr』、『FCFレジェンド』、『城西スパーク』、3年生『FCFユナイテッド』、『男塾』、『ファイナルドラゴン東』が優勝。
「知らない選手と試合をすることはスリルがあって楽しい。それを子どもたちに体験させてあげたい。ユニホーム着て、お弁当持って対戦に向かう。それがスポーツの醍醐味。大会関係者や親御さんは大変ですけど、子どもたちの喜ぶ顏見たら疲れも吹っ飛んじゃいますよ」と笑う前嶋さん。ちびっこながら華麗なドリブルや豪快なシュートに、もしかしたらこの中から将来のJリーガーが生まれるかも。     

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る