将来のJリーガーを夢見て 『ちびっこサッカー大会』開催

将来のJリーガーを夢見て
『ちびっこサッカー大会』開催

 5月12日(日)、東金市民サッカー場で行われた『第17回東金市ちびっこサッカー大会』(東金市サッカー協会主催)。出場資格は、市内に住む幼稚園児から小学3年生までの男女及び東金市サッカー協会所属クラブ関係者。晴天の空の下、ピッチ内を元気に走り回るちびっこたちに「行けー!」、「惜しい!」の大声援が飛んでいた。
 大会のきっかけは、サッカー協会にも所属している『ときがねFC』のクラブ内のイベントだった。「始めはクラブ内の試合でしたが、人数が足りずクラブに所属していない友だちを連れてきたりしていて、他のクラブも会員不足に悩んでいたときだったので、より広くサッカーを普及させるためにサッカー協会の行事として開催されるようになったのが始まりです。この大会にはクラブに入っていない子も出場できます」と話すのは、ときがねFC代表の前嶋靖英さん。
 現在サッカー協会に加盟するクラブは7団体。クラブに所属する子どもたちを中心に、幼稚園生、1年生、2年生、3年生のクラスに分かれ23チームがエントリー(女子チームは2学年下に参加可)。それぞれのクラスの頂点目指して試合が行われた。幼稚園生のクラスで優勝した『ラブ・リーズ』はこの大会に向けて結成、初出場で優勝を飾った。「楽しかったよ」とメダルをもらってニッコリ。他は1年生『ドラゴンボール』、2年生『ARTISTA Jr』、『FCFレジェンド』、『城西スパーク』、3年生『FCFユナイテッド』、『男塾』、『ファイナルドラゴン東』が優勝。
「知らない選手と試合をすることはスリルがあって楽しい。それを子どもたちに体験させてあげたい。ユニホーム着て、お弁当持って対戦に向かう。それがスポーツの醍醐味。大会関係者や親御さんは大変ですけど、子どもたちの喜ぶ顏見たら疲れも吹っ飛んじゃいますよ」と笑う前嶋さん。ちびっこながら華麗なドリブルや豪快なシュートに、もしかしたらこの中から将来のJリーガーが生まれるかも。     

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る