将来のJリーガーを夢見て 『ちびっこサッカー大会』開催

将来のJリーガーを夢見て
『ちびっこサッカー大会』開催

 5月12日(日)、東金市民サッカー場で行われた『第17回東金市ちびっこサッカー大会』(東金市サッカー協会主催)。出場資格は、市内に住む幼稚園児から小学3年生までの男女及び東金市サッカー協会所属クラブ関係者。晴天の空の下、ピッチ内を元気に走り回るちびっこたちに「行けー!」、「惜しい!」の大声援が飛んでいた。
 大会のきっかけは、サッカー協会にも所属している『ときがねFC』のクラブ内のイベントだった。「始めはクラブ内の試合でしたが、人数が足りずクラブに所属していない友だちを連れてきたりしていて、他のクラブも会員不足に悩んでいたときだったので、より広くサッカーを普及させるためにサッカー協会の行事として開催されるようになったのが始まりです。この大会にはクラブに入っていない子も出場できます」と話すのは、ときがねFC代表の前嶋靖英さん。
 現在サッカー協会に加盟するクラブは7団体。クラブに所属する子どもたちを中心に、幼稚園生、1年生、2年生、3年生のクラスに分かれ23チームがエントリー(女子チームは2学年下に参加可)。それぞれのクラスの頂点目指して試合が行われた。幼稚園生のクラスで優勝した『ラブ・リーズ』はこの大会に向けて結成、初出場で優勝を飾った。「楽しかったよ」とメダルをもらってニッコリ。他は1年生『ドラゴンボール』、2年生『ARTISTA Jr』、『FCFレジェンド』、『城西スパーク』、3年生『FCFユナイテッド』、『男塾』、『ファイナルドラゴン東』が優勝。
「知らない選手と試合をすることはスリルがあって楽しい。それを子どもたちに体験させてあげたい。ユニホーム着て、お弁当持って対戦に向かう。それがスポーツの醍醐味。大会関係者や親御さんは大変ですけど、子どもたちの喜ぶ顏見たら疲れも吹っ飛んじゃいますよ」と笑う前嶋さん。ちびっこながら華麗なドリブルや豪快なシュートに、もしかしたらこの中から将来のJリーガーが生まれるかも。     

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る