山武の昭和が写真集に

山武の昭和が写真集に

 昨年9月、東金市、山武市、大網白里市、九十九里町、横芝光町、芝山町など、山武地域の昭和の様子を写真でたどった写真集『山武の昭和』(いき出版・税込9990円)が刊行された。各市町村史などで使用し広報に保存されていたものや、市民から集めた2000点以上の写真から選んだ約600点が掲載されている。
 編集には東金市出身の県文書館調査員の加藤時男さんをはじめ、郷土史研究家や文化財審議会の方々があたった。「昭和の前半までは、各市町村でも町史などまとめたものがありますが、その後をまとめる良い機会でした。風俗、習慣など体験した人の話もふくめ保存しておくのは意味のあること」と加藤さん。そして、昭和を知らない若者にも地元を知ってもらいたいと話す。
 九十九里の漁港や海水浴場のにぎわい、芝山町の空港問題、戦後豊海海岸にあった進駐軍の米軍基地、各地で行われた祭りの様子など、懐かしい昭和の風景がそこにつづられている。

問合せ 千葉県教科書販売
TEL 043・242・4421

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去の記事はこちら

ニュース

スポーツ

サークル情報

スタッフブログ

ページ上部へ戻る