地図にない山『三郡山(みこおりやま)』から『安房高山』へ

春を求めてウオーキング

 毎月、大網白里市から足を伸ばし県内各地でウオーキングを楽しんでいる『自然観察やまぼうし』のみなさんとともに、君津市、富津市、鴨川市の3つの市の堺に位置する地図にない山『三郡山』から『安房高山』へのウオーキングに参加した。実はこのウオーキング、2月に実施されるはずだったのだが、県内でも10cm以上の積雪を記録した雪の影響で中止。3月12日(水)に改めての挑戦となった。
 春を思わせる陽気の中、午前10時、『清和県民の森』に到着。ここから国道410号を南下、尾崎の分岐点を右折し山へと入っていく。急な斜面を下り小糸川を渡る。ここまでは楽勝。だが、この後、45度はありそうな急斜面を延々登ることに。そして人ひとりが歩くのがやっとの尾根道が続き、ロープにつかまりながら進む崖、四つん這いで斜面を登り、また下りて…。『新緑ハイキング』とのことだったが、まさに登山だ。
 ハイキングコースにはなっているが、目印の赤いロープを頼りに進む。みんなの口もいつしか重くなり、周りの景色を楽しむ余裕もなく(それは私だけ?)、ひたすら337mの三郡山の山頂を目指す。やまぼうし代表の上田弘子さんも「今回は数年ぶりの強行軍」と言うが、「普通ですよ、このぐらいの道」という参加者はみな還暦を過ぎていると思われる。「毎朝5kmぐらい歩いてますから。ウオーキングというより軽登山をしたいので、この会はピッタリです」と話すのは、昨年から毎回参加しているというご夫婦。とは言うものの、昼に頂上到着は無理と判断し、頂上手前で昼食に。吹き抜ける風が心地よい。するとどこからともなく「どうぞ」と、漬物やらお菓子が回ってくる。これもウオーキングの楽しいところ。
 さて、元気を取り戻したところで再び頂上を目指す。そこは木々に囲まれ、小さな標識があるだけの場所だった。そこからは整備された林道へ出て、安房高山を通り410号に戻るだけ。のはずだったが、雪の影響と思われる倒木が行く手をふさぐ。それを乗り越えながら、「やっぱりやまぼうしはこうでなくちゃ。何か起こるわね」、「でも、それが思い出になって楽しい」と参加者からは笑い声が。アクシデントも楽しんでいた。
 やまぼうしでは、毎回先着順に参加者を受け付けている。それもすぐいっぱいになってしまう人気だ。ひとり参加もOK。おしゃべりをしながらのウオーキングは実に楽しいものだ。

問合せ 上田弘子さん
TEL 0475・72・8521

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る