地域が元気になるまつり

 4月20日、『第2回もばらオロシティまつり』が開催され、小林にある茂原卸商業団地協同組合会館前は組合企業ほか多数の出店で賑わった。昭和52年、地域に密着した個性と活力あふれる企業集団を目指して開設、発展を続けてきた同組合による地域への還元を目的に、昨年から行われている。
 開始直後は迫力のある和太鼓の演奏がまつりの雰囲気を盛り上げた。皮製のキーホルダーやストラップへの刻印、カップケーキ型にぐるぐる巻いたタオルにビーズなどでデコレーションする手作り体験コーナーの他、本納ネギなど地元の食材を使った『茂バーガー』、七夕まつりにちなんだ茂原謹製スイーツもお目見え。 
 また、洗剤などの日用品を1000円で詰め放題、野菜や水産品、冷凍食品の格安販売といった家計に嬉しい企画も盛りだくさん。ソースを使った焼きパスタ、こだわりのくるみキャラメルアイスクリームなど、オリジナル食品を扱った店も多く立ち並び、昼時には特に大きな賑わいを見せた。
 子どもたちは金魚すくいにヨーヨー、ミニSL、エア遊具ふわふわやコミカルな大道芸に夢中。他にもマジック、ヨサコイなどでイベントは大盛り上がり。ご当地アイドル『ぐーがる』によるステージでは、最前列でアイドルと一緒になって踊るかわいい女児たちの姿に周りは思わず微笑んだ。
 事務局長、高野さんの一押しは午前、午後と2回に分けて行われた特売品販売。卵、ティッシュペーパー5組などが100円とあって長蛇の列ができた。そしてテレビやディズニーランドペアチケットなど豪華賞品が当たる大抽選会が行われ、閉幕。「家族で楽しめるので、昨年に引き続き来ました。いろいろと安いので気軽に来ることができます」と来場者。今後も地域から期待されるイベントとなりそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る