海にきらめく想いを作品に託して

御宿海岸に建つ月の沙漠記念館で、千葉県に住む14人の作家が作品を展示する『それぞれの手から』が、開催されている。作品は、油彩、日本画、銅版画、刺繍、和紙絵、アクリル画、写真、書、コラージュ、織、染色、はり絵と全部で48点。海や水をテーマにしたものが多く、今回の作品展のために新しく制作されたものもある。
「御宿に想いを寄せる人々が生み出した作品です。その想いをここに来て感じていただきたいと思います」と、作品展の代表を務める﨑長史(さきながふみ)さん。﨑長さんは30年以上前から御宿の海を毎年のように訪れており、今回の作品のはり絵は、海岸にあるらくだ像や御宿の海をモチーフにしている。
 らくだ像は大正時代に活躍した画家の加藤まさをの童謡『月の沙漠』の歌詞に出てくるもので、加藤まさをが、「月の沙漠の幻想の地は御宿」と語ったことから、昭和44年、御宿海岸に設置された。らくだ像を制作したのが、彫刻家の竹田京一で、加藤まさをと同郷だったことから。今回の作品展で、竹田京一と親交のあった作家は、「酔っぱらい」と書かれたコラージュを出展。これは竹田京一との親交の深さ故のことで、酒好きだった竹田京一は、らくだ像の除幕式後、事故で亡くなっている。
「月の沙漠記念館には加藤まさをの作品や遺品を展示したコーナーもありますので、この機会にぜひ多くの方に見ていただきたいと思います」と館長の藤原さん。展示会は7月21日までの開催。詳細は月の沙漠記念館まで。入館料大人400円。水曜定休。

問合せ 月の沙漠記念館(御宿町六軒町505の1)
TEL 0470・68・6389

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る