海にきらめく想いを作品に託して

御宿海岸に建つ月の沙漠記念館で、千葉県に住む14人の作家が作品を展示する『それぞれの手から』が、開催されている。作品は、油彩、日本画、銅版画、刺繍、和紙絵、アクリル画、写真、書、コラージュ、織、染色、はり絵と全部で48点。海や水をテーマにしたものが多く、今回の作品展のために新しく制作されたものもある。
「御宿に想いを寄せる人々が生み出した作品です。その想いをここに来て感じていただきたいと思います」と、作品展の代表を務める﨑長史(さきながふみ)さん。﨑長さんは30年以上前から御宿の海を毎年のように訪れており、今回の作品のはり絵は、海岸にあるらくだ像や御宿の海をモチーフにしている。
 らくだ像は大正時代に活躍した画家の加藤まさをの童謡『月の沙漠』の歌詞に出てくるもので、加藤まさをが、「月の沙漠の幻想の地は御宿」と語ったことから、昭和44年、御宿海岸に設置された。らくだ像を制作したのが、彫刻家の竹田京一で、加藤まさをと同郷だったことから。今回の作品展で、竹田京一と親交のあった作家は、「酔っぱらい」と書かれたコラージュを出展。これは竹田京一との親交の深さ故のことで、酒好きだった竹田京一は、らくだ像の除幕式後、事故で亡くなっている。
「月の沙漠記念館には加藤まさをの作品や遺品を展示したコーナーもありますので、この機会にぜひ多くの方に見ていただきたいと思います」と館長の藤原さん。展示会は7月21日までの開催。詳細は月の沙漠記念館まで。入館料大人400円。水曜定休。

問合せ 月の沙漠記念館(御宿町六軒町505の1)
TEL 0470・68・6389

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る