アジ釣りフェスタ、大盛況

 梅雨の明けた7月21日、いすみ市の大原漁港で『2014 いすみ市アジ釣りフェスタ』が開かれた。主催はいすみ市沖釣りイベント実行委員会、後援は夷隅東部漁業協同組合。午前中は初心者を対象にした釣り講習会が行われ、大半が親子連れの160名の参加者を前に『(一社)全日本釣り団体協議会公認 千葉県釣りインストラクター連絡機構』副会長の村尾真一さんが、釣り方や乗船時の注意事項、救命胴衣の着用について説明をした。「今日は『追っかけアジ』という特別な釣り方。アジの群れの上へ船を移動させ、真下にいるアジをサビキという仕掛けを用いて釣り上げる。急発進、急ブレーキの繰り返しで船は大きく揺れますが、簡単に釣れるのでお子様でも充分楽しめます」サビキは、釣り糸の下部に3本から5本の針を枝状に装着しアジが食いつくのを待つ方法で、一度にたくさん釣ることができる。今回、針に付けたのはサバの皮。
 日差しが強くなく、波も穏やかで絶好の釣り日和。午後からは約740名の参加者が続々と来場、45隻の漁船に乗り込み賑やかに出港した。22名乗りの漁船『幸盛丸』に同乗、潮風を肌に感じながら港から約2キロ離れた沖へ向かった。魚の反応を見ながら船長がポイントを探し停船、合図を出したら釣りをを開始。オモリの部分を手に取り、つり糸を投げ入れる。「入れた瞬間がチャンスだよ」とインストラクターの言葉通り、すぐさま鈴なりのカマスを手にした人があちらにもこちらにも。カマスは大漁、サバの幼魚やイワシも次々に釣れる。静かに釣りを楽しむ人が多かったが、中にはアジが釣れると「やったー、嬉しいね!」と歓声を上げる人も。
 波が穏やかとは言え、停止と発進時に船はかなり揺れた。3時間ほど釣りを堪能し、1人当たり30匹から40匹は釣れたようで参加者たちは満足した様子。夫と一緒に参加していた、漁船での釣りは初めてという女性は「面白いです。だんだん手応えが分かってきた」と笑顔で話した。アジがかかると手応えで分かるのだとか。父親と時々川釣りに行くという小6の男子は慣れた手つきで黙々と楽しんでいた。調理方法は、「天ぷらかな」と答えた人がほとんどだった。
 各船とも同機構のインストラクターが同乗しているのでアドバイスやサポートが充実。釣り竿も用意されており、誰もが手軽に楽しめるアジ釣りフェスタは毎年大好評だ。下船後は参加賞のいすみ市共通商品券を手に同漁港の物産展で買い物も楽しめ、夏休みのイベントとして楽しんだ家族連れも多かったようだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る