アジ釣りフェスタ、大盛況

 梅雨の明けた7月21日、いすみ市の大原漁港で『2014 いすみ市アジ釣りフェスタ』が開かれた。主催はいすみ市沖釣りイベント実行委員会、後援は夷隅東部漁業協同組合。午前中は初心者を対象にした釣り講習会が行われ、大半が親子連れの160名の参加者を前に『(一社)全日本釣り団体協議会公認 千葉県釣りインストラクター連絡機構』副会長の村尾真一さんが、釣り方や乗船時の注意事項、救命胴衣の着用について説明をした。「今日は『追っかけアジ』という特別な釣り方。アジの群れの上へ船を移動させ、真下にいるアジをサビキという仕掛けを用いて釣り上げる。急発進、急ブレーキの繰り返しで船は大きく揺れますが、簡単に釣れるのでお子様でも充分楽しめます」サビキは、釣り糸の下部に3本から5本の針を枝状に装着しアジが食いつくのを待つ方法で、一度にたくさん釣ることができる。今回、針に付けたのはサバの皮。
 日差しが強くなく、波も穏やかで絶好の釣り日和。午後からは約740名の参加者が続々と来場、45隻の漁船に乗り込み賑やかに出港した。22名乗りの漁船『幸盛丸』に同乗、潮風を肌に感じながら港から約2キロ離れた沖へ向かった。魚の反応を見ながら船長がポイントを探し停船、合図を出したら釣りをを開始。オモリの部分を手に取り、つり糸を投げ入れる。「入れた瞬間がチャンスだよ」とインストラクターの言葉通り、すぐさま鈴なりのカマスを手にした人があちらにもこちらにも。カマスは大漁、サバの幼魚やイワシも次々に釣れる。静かに釣りを楽しむ人が多かったが、中にはアジが釣れると「やったー、嬉しいね!」と歓声を上げる人も。
 波が穏やかとは言え、停止と発進時に船はかなり揺れた。3時間ほど釣りを堪能し、1人当たり30匹から40匹は釣れたようで参加者たちは満足した様子。夫と一緒に参加していた、漁船での釣りは初めてという女性は「面白いです。だんだん手応えが分かってきた」と笑顔で話した。アジがかかると手応えで分かるのだとか。父親と時々川釣りに行くという小6の男子は慣れた手つきで黙々と楽しんでいた。調理方法は、「天ぷらかな」と答えた人がほとんどだった。
 各船とも同機構のインストラクターが同乗しているのでアドバイスやサポートが充実。釣り竿も用意されており、誰もが手軽に楽しめるアジ釣りフェスタは毎年大好評だ。下船後は参加賞のいすみ市共通商品券を手に同漁港の物産展で買い物も楽しめ、夏休みのイベントとして楽しんだ家族連れも多かったようだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る