心を動かす大切な音楽 楽しさや素晴らしさを伝えたい

フルート奏者 桑原友美さん

 4月4日、東金文化会館で開かれた『東金ゆかりの芸術家たち 絵画展&スプリングコンサート』。出演者7人のなかで最年少だったフルート奏者桑原友美さん(28)は「オーケストラやスタジオミュージシャンとしてプロの世界で長く活躍されている素晴らしい演奏家の方々とご一緒でき、よい刺激を受けました」と振り返った。
「フルート奏者らしくない」とよく言われるそうだ。人を笑わせるのが得意。まじめで、頭が良い印象があるフルート奏者には見えないらしい。3歳からピアノを習い、姉と兄の影響で東金東中学校の吹奏楽部に入り、中学高校とフルートを担当した。「音楽しか勉強してきませんでした」ところころ笑う。中学2年生のとき、部活の顧問の紹介で東京芸術大学の学生にレッスンを受け、フルートの父とも言われるタファネル作『アンダンテパストラールとスケルツェッティーノ』を演奏し、千葉県吹奏楽連盟による個人コンクールで1位になった。中学生にとっては難曲。学校で朝夕の部活をこなしたあと、帰宅してから楽譜が真っ黒になるぐらい猛練習した。「負けたくありませんでした」と話す勝ち気な一面もある。
 高校1年生のとき、同コンクールで金賞受賞。2年生でグランプリを受賞。当時の師匠眞鍋朋子氏に勧められ、3年生になって音大受験を決意。浪人中、「難しいけれど、演奏家を養成する学科に挑戦してみたら」と師事していた高久進氏に励まされ受験、その年新設された武蔵野音楽大学音楽部のヴィルトゥオーソ科の一期生になった。「一番つらかったのは大学時代です」。自宅から都内にある大学へは2時間半。始発電車で家を出て終電で帰る毎日。1日4、5時間の練習をこなし、高額な学費を払う両親に申し訳ないとアルバイトもした。「学生時代があったから今も頑張れます」
 大学の実技試験では公開で50分間の独奏がある。舞台で「喜んでもらえているか聴衆の反応が気になり周りを見てしまう」のでよく注意された。客席を気にしないように集中したら演奏が格段とよくなったそうだ。「今もコンサートでお辞儀をする前にホール一面を見渡してしまいますけれど」と笑う。
 人見知りをせず、明るくサービス精神旺盛。ロビーコンサートで盛り上げようと手拍子を促したら、聴衆と一体になってリズムをとってしまい、演奏に入り忘れたこともあるとか。「演奏を聴いただけで相手の箸の持ち方や部屋のきれいさがわかる」という大学の恩師からは「あなたは話が面白い。音楽の楽しさを人に伝えられる」と褒められた。
 現在は演奏活動をしながら、山武市主催の吹奏楽バンド『山武ジュニアウインズ』、山武、長生、東部、君津地域の学校でフルート講師として活躍。自宅教室で個人レッスンも行う。演奏にはその人の性格が出る。生徒が部屋に入ってきたとき、桑原さんは恩師が話していた通りに「心、頭、お腹の準備ができているか観察します」。心にやる気や楽しい気持ちがあるか、頭できちんと物が考えられているか、お腹に軸があるか見るという。教えるときは「今の音に何が足りなかったのか、どうすれば良くなるのかなど質問攻めにして気づかせます」。レッスンでは生徒と同じ目線になり、一緒に考え、その日覚えたことを忘れられないように工夫している。「奏者として、講師として多くの人に音楽の楽しさや奥深い素晴らしさを伝える存在になりたい」
 フルートはリードがないエアリード楽器と呼ばれる。音色のバリエーションが多く、やればやるほど惹きつけられるそうだ。「何の取りえもなかった私がフルートに出会ったことで人生が豊かになりました」。楽曲から喜びや悲しみを学んだ。音楽は生きる希望になる。「お店やレストランではBGMが流れ、運動会や卒業式では音楽がその場を盛り上げます。知らない人同士でも会話が弾み、疲れているときに自分の好きな曲を聴くだけで元気になれます。音楽は日常生活のなかで自分の感情を動かしてくれる大切なもの。世界を変えることができる」と話しは止まらない。いつか自分の子どもと演奏会を開くのが夢だそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る