ホントにハーモニカの音?

 ポケットに入るオーケストラと呼ばれ、気軽に演奏できるハーモニカ。3月8日、『第4回茂原地区飛田教室ハーモニカ発表会』が開催された。「息を吹いたり吸ったりと腹式呼吸を行うので健康にいい。高齢になっても演奏できるし、仲間の輪も広がる」と語るのは実行委員長の鹿倉延茂さん。茂原、東金、御宿、長柄、いすみ(岬)などの10サークルおよそ130名が茂原市東部台文化会館で一堂に会した。
 各サークルは、日本ハーモニカ連盟師範の飛田陽一郎さん(92)門下の有資格者が指導している。普段は公民館などで練習し、地域の文化祭や施設訪問で演奏するそうだ。
 発表された曲は童謡から演歌やタンゴまでさまざま。『青い山脈』や『知床旅情』などヒット曲が流れると会場からは口ずさむ声が聞こえ、リズムの良い『お富さん』には奏者を励ますように手拍子が自然に出てくる。発表者で最高齢と紹介された95歳の男性の独奏には温かい拍手が起きた。
 目を閉じて聴くと、合奏は弦楽器や金管楽器のパートもいるのかと感じるほど。独奏も一人で演奏しているとは思えない複雑で多様な音色となって響いてくる。ハーモニカ歴17年という81歳の男性は出演後、「ハーモニカは楽しい、ずっと続けたい」と笑顔で話していた。

問合せ 鹿倉さん
TEL 090・1544・6423

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る