ホントにハーモニカの音?

 ポケットに入るオーケストラと呼ばれ、気軽に演奏できるハーモニカ。3月8日、『第4回茂原地区飛田教室ハーモニカ発表会』が開催された。「息を吹いたり吸ったりと腹式呼吸を行うので健康にいい。高齢になっても演奏できるし、仲間の輪も広がる」と語るのは実行委員長の鹿倉延茂さん。茂原、東金、御宿、長柄、いすみ(岬)などの10サークルおよそ130名が茂原市東部台文化会館で一堂に会した。
 各サークルは、日本ハーモニカ連盟師範の飛田陽一郎さん(92)門下の有資格者が指導している。普段は公民館などで練習し、地域の文化祭や施設訪問で演奏するそうだ。
 発表された曲は童謡から演歌やタンゴまでさまざま。『青い山脈』や『知床旅情』などヒット曲が流れると会場からは口ずさむ声が聞こえ、リズムの良い『お富さん』には奏者を励ますように手拍子が自然に出てくる。発表者で最高齢と紹介された95歳の男性の独奏には温かい拍手が起きた。
 目を閉じて聴くと、合奏は弦楽器や金管楽器のパートもいるのかと感じるほど。独奏も一人で演奏しているとは思えない複雑で多様な音色となって響いてくる。ハーモニカ歴17年という81歳の男性は出演後、「ハーモニカは楽しい、ずっと続けたい」と笑顔で話していた。

問合せ 鹿倉さん
TEL 090・1544・6423

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る