歩いて、学んで、食べて… 楽しみどころ満載!

 5月9日、茂原市豊岡福祉センター主催の『豊岡ウオーキング教室~豊岡地区のロマンと伝説を訪ねる』が行われた。心地よい風が吹く薄曇りの天気は絶好のウオーキング日和。25名の参加者は時速4キロ強という速めのスピードで約10キロの行程を完歩した。背筋をピンと伸ばして歩くのは講師、『日本ウオーキング協会』公認指導員の安嶋健さん。「血管の老化は、歩いて血流をよくすることで予防できる。有酸素運動は脳の刺激にもなる。仲良く楽しく歩いて健康の貯金を増やしましょう」と冒頭で話した。
 念入りにストレッチをすませて出発。センターを出て県道138号線を北上し、円立寺墓地に立つ大きな菩提樹を目指す。この菩提樹の実で肌をこすると、不思議なことにいぼがコロッととれたという言い伝えがあり「いぼ神様」との別名もあったとか。茂原市指定天然記念物となっている。
 続いて豊岡神社と、御蔵芝にある熊野神社を参拝。建立200年の石の鳥居をくぐり巨木に囲まれた参道の先に5つの祠を持つ豊岡神社と、イザナギノミコト、イザナミノミコトの二神を祀る熊野神社。どちらも由緒のある神社だ。熊野神社の手洗い器には3本足の烏の彫刻が施されている。神武天皇東征時に先導したと伝えられる八咫烏で、熊野神社の神使であったとされている。
 最後に向かったのは萱場にある煎餅工場直売店『あられちゃん家』。入り口にある、いすみ鉄道の黄色い車両が目印だ。定番のひねり揚げや歌舞伎揚げのほか、カレー味、手羽先味、チーズ味など多種多様の煎餅が所狭しと並べられている。そのほとんどが試食できるとあって参加者は大喜び。だが、お土産を買いすぎて帰りの足取りが重くなってしまった人も。
 復路は、地図に載っていない道なき道も通りながら帰途に着いた。今回は、主にのどかな田んぼ脇の平坦な道を、同センターのある粟生野から御蔵芝、萱場、弓渡と歩いた。これらの地名は旧豊岡村(明治22年に誕生)の大字であり、アワがよく獲れた粟生野、農産物を収納する倉が置かれた御蔵芝、カヤが多く生えていた萱場、源頼朝が千葉常胤に弓を渡したとされる弓渡と、それぞれ由来がある。豊岡という名も、昔から農産物がたくさん実る豊かな地であったことを表している。
 「歩くだけではなく、地域の歴史も知ることができてよかった」と参加者。おしゃべりをしたり歌ったり、終始明るい雰囲気の皆さん。「またみんなで歩きたいわね」と満面の笑みで教室は終了した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る