~魚を与えることより魚を釣ることを教える~

 子どもに問題が起こった時、「どうアドバイスしてあげたらいいでしょうか?」と親御さんから相談を受けることがあります。失敗させないようにしようとするあまり、「アドバイスをしなければ…」と考えてしまうようです。でも私は、子どものうちに小さな失敗や問題を乗り越える経験をたくさんした方がいい、と思っています。教えてもらうことよりも、失敗や経験から学ぶ方が遥に勉強になるからです。できないことや失敗した経験があるから、今度はうまくやろうと考えるのだと思います。
 子ども自身で考え行動することは、チャンスだと捉えたらいかがでしょうか。大人になって社会に出たら、わからないことをわざわざ教えてくれる人なんてどこにもいません。自分から学びとっていく力を身につけさせた方が、その子のためではないかと思うのです。『魚を与えることより、魚を釣ることを教える』といいますが、答えをあげるよりも、自分で考えて答えを導き出す方が、たくましく育つのではないかと思います。自分で出した答えなら納得して行動できますね。
 子どもに口出ししたくなるのをグッとこらえて、少しくらいの失敗は大目に見てあげましょう。そして、どうしてもわからなくなった時には、いつでも大人に相談できるようにしておくことが大切ですね。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る