古民家に西洋の騎士と日本の武将が登場

 6月中旬、大網白里町のアートギャラリー古屋敷にて、NPO法人ピアサポートセンターげんき主催『絵画展AND精巧な紙の武将人形展』が開催された。
 絵画やアクセサリーなどの手作り作品が並ぶなか、一際目を引いたのが市内在住の新井涼太郎さん(26)制作の紙製人形。会場にはエドワード1世はじめ西洋の騎士や真田幸村など日本の武将をモデルにした人形と、リアルで迫力ある土蜘蛛や大ムカデなどの化け物シリーズと名付けた妖怪や恐竜のような化け物等約300点以上が展示され、来場者はその精密なつくりと豊かな創造力に圧倒されていた。
 「創作のきっかけは中学生の時に観た『ロード・オブ・ザ・リング』。敵の鎧が格好良くて作ってみたくなった。レゴブロックの人形からヒントを得て、紙でオリジナルの武将人形を作るようになった」と話す新井さん。
 売り物ではない武将人形の一体を「売ってほしい」と声をかけられ「次回は人気の高い幸村人形を作って販売もしてみたい」と意気込む。今後の創作活動が楽しみだ。
 展示は4回目だが大々的にお披露目したのは初めて。次回は11月に千葉市で作品展を予定している。その前に彼の作品を観たい方は、NPO法人ピアサポートセンターげんきに問い合わせを。事前に申し込めばセンター内の展示作品を見学可能とのこと。

問合せ NPO法人ピアサポートセンターげんき
TEL 080・3010・0357

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る