黒原不動滝を彩る人々

 夷隅川水系の西畑川にある『黒原不動滝』。いすみ鉄道の総元駅から徒歩5分、橋の手前の脇道を下り、流れ橋を渡るとカジカガエルの鳴き声が聞こえ、川面にヤマベの魚影が見える。川幅いっぱいに低い3段の落差で流れる滝を地元の人は『三段滝』とも呼んでいる。
 この自然豊かな渓流に3月末から5月中頃まで鯉のぼりを揚げているのはボランティア団体『不動滝 五月会』。会長の鷹野純一さんは「桜と菜の花、タケノコのシーズンと重なるので多くの観光客が楽しんでくれています」と胸を張って話す。
 鯉のぼりの掲揚は平成18年から始まった。4年ほど前、活動が難しくなった団体から、地域の環境整備を担う消防団のOB有志らが引き継ぎ、「今年になって大多喜町にボランティア団体として登録するため団体名を付けた」そうだ。登録会員は30代から70代の男女17名。
 「一昨年、1メートル近くある天然うなぎが取れた」、「野鳥撮影をするカメラ愛好家がいる」と誇らしげに話す会員たち。インタビュー中も冗談を言い合い、「飲み会が多い」と笑うが、普段から献身的に駅周辺の草刈り、花木の手入れを手伝う。中州に渡るための流れ橋が大雨で外れると「保育園の子どもたちが遊べなくなる」とすぐに掛けに行き、鯉のぼりの季節には「がっかりさせたくないから」と風で絡まった鯉のぼりをその都度きれいにたなびくように直す。地元愛に溢れ、「四季を通じて、多く人に訪れてもらいたい」と地道な作業に勤しむ。現在、不要になった鯉のぼりの寄付を募っている。

問合せ 吉野さん
TEL 0470・84・0017

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  プラスチックのゴミ問題が深刻になって来ています。生産が簡単、ある程度の耐久性がある事などから、年間約800万トンも生産され、どこを見ても使…
  2.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…
  3.  毎月第1土曜日、茂原市中央公民館にて男性だけの料理教室『ダンディークッキング』が開かれている。1990年に開催された茂原市主催のシルバー料…
  4.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。45年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  5.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  6. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  7.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  8.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る