~つくる~

 皆さんは、「つくる」という言葉をきいて、どんな漢字を思い浮かべますか?つくるには、「作る」「造る」「創る」という3つがあります。作るは「作業」のこと。「プラモデルを作る」など。材料が用意されていて、作り方も指示されている。つくるものの完成形もわかっています。造るは「造形」のこと。「粘土で造る」など。材料が用意されていて、作り方は自由。つくるものは自分で考えなければなりません。創るは「創造」のこと。「文化を創る」など。材料もつくり方も、つくるものも与えられていません。その全てを自分で生み出したり、もってきたりして創っていく必要があります。
 子どもの創造性を育てる過程では、この3つのつくる体験が、とても大切です。しかし、大人は完成度が高く整っている作品を子どもに求めてしまうところがあります。
 夏休みの工作の中には明らかに大人の手が加えられた見栄えのする作品もありますが、もっと自由に創造する体験をさせてあげてもいいのではないかと思います。子どもは、考えたものを形にしていく過程で、失敗したり、工夫したりしながら完成させていきますが、この体験が将来の訓練になるのです。子どもの頃のつくる“体験が、将来、仕事を持つようになってからの「仕事の取り組み方」にも繋がっていくのだと思います。
 夏休みになりました。子どもと「つくる」楽しさを味わってみてくださいね。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://ensta.blog43.fc2.com/
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る