美容と健康の味方、酵素

 近年の健康ブームでよく耳にする酵素。その働きは、食べ物の消化、免疫や自然治癒力の維持、細胞の修正など多岐にわたっており生命活動に欠かせない存在だ。酵素は体内でも生産されるが、加齢とともに少なくなっていく。そこで食物から酵素を摂ることが必要となってくるのだが、新鮮な野菜や果物、魚や肉に含まれている酵素は60度以上の熱を加えると失活してしまう。2月10日にちはら台コミュニティセンターで行われた『エトセトラ@ちはら 苺の酵素ジュース作り』では、イチゴの他、ミカン、リンゴ、ニンジン、サツマイモ他全8種類の新鮮な野菜と果物を生で使用し、ジュースを作った。講師は野菜ソムリエの有里(ありさと)節子さん。
 調理前に、12名の参加者は有里さん手製の薄いオレンジ色をしたイチゴの酵素ジュースを試飲した。「甘くておいしい」と皆さん笑顔に。作り方は、野菜と果物を厚さ約4mmのいちょう切りにし、保存瓶に上白糖と交互に重ねて入れていくだけ。最後に麹(発酵剤)と切り昆布を入れて仕込みは終了。麹は1kgの材料なら10g。ミカンなど皮の分厚いもの以外は皮ごと使う。上白糖はオリゴ糖を含有する、てんさい糖がおすすめ。材料に対して1割増しが適量。瓶は家庭の団欒場所に置き、「おいしくなってね」などと声をかけてあげるといい。そして1日に1回、素手でかき混ぜることで常在菌が入り発酵の手助けとなる。作り手それぞれが持つ菌種により、1週間ほどで独自の酵素ジュースに仕上がる。
 「こんなに簡単に酵素ジュースが作れるとは思わなかった。続けていきたい」と参加者。有里さんは「幅広い年齢層の方に、酵素の働きと重要性を知ってもらいたい」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る