美容と健康の味方、酵素

 近年の健康ブームでよく耳にする酵素。その働きは、食べ物の消化、免疫や自然治癒力の維持、細胞の修正など多岐にわたっており生命活動に欠かせない存在だ。酵素は体内でも生産されるが、加齢とともに少なくなっていく。そこで食物から酵素を摂ることが必要となってくるのだが、新鮮な野菜や果物、魚や肉に含まれている酵素は60度以上の熱を加えると失活してしまう。2月10日にちはら台コミュニティセンターで行われた『エトセトラ@ちはら 苺の酵素ジュース作り』では、イチゴの他、ミカン、リンゴ、ニンジン、サツマイモ他全8種類の新鮮な野菜と果物を生で使用し、ジュースを作った。講師は野菜ソムリエの有里(ありさと)節子さん。
 調理前に、12名の参加者は有里さん手製の薄いオレンジ色をしたイチゴの酵素ジュースを試飲した。「甘くておいしい」と皆さん笑顔に。作り方は、野菜と果物を厚さ約4mmのいちょう切りにし、保存瓶に上白糖と交互に重ねて入れていくだけ。最後に麹(発酵剤)と切り昆布を入れて仕込みは終了。麹は1kgの材料なら10g。ミカンなど皮の分厚いもの以外は皮ごと使う。上白糖はオリゴ糖を含有する、てんさい糖がおすすめ。材料に対して1割増しが適量。瓶は家庭の団欒場所に置き、「おいしくなってね」などと声をかけてあげるといい。そして1日に1回、素手でかき混ぜることで常在菌が入り発酵の手助けとなる。作り手それぞれが持つ菌種により、1週間ほどで独自の酵素ジュースに仕上がる。
 「こんなに簡単に酵素ジュースが作れるとは思わなかった。続けていきたい」と参加者。有里さんは「幅広い年齢層の方に、酵素の働きと重要性を知ってもらいたい」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る