作品から感じる音

表情の豊かさで臨場感を表現

 とにかく子どもの頃から形あるものを作るのが好きだったと語るのは、大住泰史さん(75)。中学生の頃は図工クラブに入り、彫塑を作っていた。彫塑とは粘土で人の顔や像を作り、それを石膏に置き換えたりする造形物や、それから型を取り鋳物にした像のことを指す。
 高校生になっても製作は続けていたが、社会人になり仕事の忙しさで中断してしまった。30才の半ば、知り合いに誘われ、再び制作を始めることにした。その後、定年を機に東京から御宿町に移り住んだのは15年前。午前中、畑仕事をし、午後の34時間を制作に当てている。大のクラシックファンの大住さんが作るのは、殆どがヴァイオリン、ピアノ、コントラバス、ハープ、チェロなど楽器を奏でる人の像。もちろん楽器も、その細部にまでこだわって作っている。
 「まず首から上を作りますが、傾きを考え、顔の表情、特に目の方向に時間をかけます。その後、首から胴、腕は途中まで、足は足首まで、手の甲までを作ります。お尻や胸など見えない部分も精密に作り、楽器を持たせて衣装を着せます。そうすることで、人の骨格や体の動きがより実際的に表現できると思っています」。最後に指を作るが、楽器を奏でる形にするのが難しい。例えばヴァイオリンだと、弦を押さえる指や、楽器の大きさに合わせて腕の長さがぴったり合わなければ仕上がらない。細かい部分を無理に曲げると粘土の密度の違いで取れてしまうのだという。
 また本体は空洞にし、焼く時にヒビが入ったり、破裂するのを防ぐ必要もあるそうだ。「こんな作品は他に見たことがないとよく言われます。モデルがいるわけではなく、東京に住んでいた時にたくさんのコンサートに行った経験を基に、イメージだけで形を作っています」
 本体が完成したら、色が定着しやすいように素焼きする。彩色の方法は釉薬や化粧土、本焼きしても色が付けられる下絵の具を使う。肌の質感やドレスなど色の付け方が違うので繊細な作業が必要になってくる。大住さんの目標は、演奏している音楽を奏でているその時々の瞬間を形にし、できたものを見て音楽を感じられる作品を作ること。初めての展示会を御宿町内のギャラリーで開催したが、今後は東京など他の場所でも行いたいと考えている。

問合せ 大住泰史さん
TEL 0470・68・3118

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る